相場より割安な物件を検索します!

当サイトの「推定賃料を算出する技術」を用いて、実際に募集されている物件の推定賃料を計算し、募集賃料との誤差を計算します。 この誤差がマイナス方向(推定賃料よりも実際の賃料のほうが安い物件)に大きい物件を検索して表示します。

この誤差は、実際にあるべき賃料と現実の賃料の差なので、この誤差がマイナス方向に大きいほど「割安な物件」ということになります。 物件検索サイトでは単純に賃料が安い「格安な物件」を見つけることはできても、「割安な物件」を見つけることは難しいでしょう。 「掘り出し物件検索」を定期的に見れば、より良い物件により安く住むことができるはずです。

掘り出し物件検索 入力フォーム

路線
最寄駅
駅徒歩 以内 築年数 以下
部屋の広さ
(半角数字)
m2 アパート
or
マンション


※検索には10秒程度の時間がかかります。お待ち下さい。

賃料の決まり方を知れば「割安物件」の理由がわかる

割安な物件を見てみて、「どこかにおかしなところがあるんじゃないの?」とか「事故物件じゃないの?」と思った方もいらっしゃると思います。 たしかにそういう物件が混じっている可能性は高いです。しかし、実際にはなんの問題もなくても割安な物件はたくさん存在します。

なぜこのような割安な物件が存在するのでしょうか?

賃料は基本的にはオーナー(大家さん)が物件の管理を行っている不動産会社と話し合って決めます。このとき、オーナーの考え方が強く賃料に影響を及ぼします。 また、新築だったり、オーナーとしての経験が浅い方も、それまでの経験で賃料を決めることができず、安めにする傾向があります。

賃貸物件はもし賃料を高くしすぎると借り手が付きませんから、「高すぎたかもしれない」と気づくことができます。 しかし、もし賃料を安くしすぎたとしても、適正な賃料を設定した場合と変わらずに入居者が決まりますので、安くしすぎたと気づくことができません。

このような理由により、相場よりも割安な賃料が設定され、それが次回募集時にも維持されるということがよく起こるわけです。 部屋探しをしている方は、よく探せばこういう物件と出会うことは可能です。ぜひ根気よく探してみてください。

スポンサーリンク