使いたいサービスを選んでください

不動産業界において情報はすごく大切!

住むために賃貸物件探すとき、周辺の物件と賃料を比べますよね。 もし、周辺の物件や隣の駅の物件などと比較せずに部屋を選んだとしたら、ムダに高い賃料を払ってしまうことになるかもしれません。 もちろん、お金に糸目をつけない人ならそれでもいいんでしょうけど、多くの人はそうではないはずです。

住む方だけでなく、賃料を決めたり募集のためにリフォームをしたり広告を作ったりする不動産業者さん、 投資として不動産を買う投資家さん、資産運用としてアパートを建てる地主さんなどにとっても、 不動産の情報を調べることは非常に重要です。

※当サイトは首都圏の賃貸物件のみ対応しております。

ニーズに合わせて、必要な情報を見てみよう!

お部屋探しをしている方で、まだエリアも路線も決まっていない方はまずは相場マップをご覧ください。 特にエリアにこだわりがなければ、職場や学校からの距離の割には比較的安いエリアを選ぶと、いい物件に安く住めたりします。

もし路線が決まっていて、駅が決まっていないのならまるまる相場をおすすめします。 路線の駅ごとの賃料相場を一覧で見られるので、駅を決めるのに役に立つことでしょう。

既にめぼしい物件を見つけている方や、不動産業者さん、大家さん、投資家さんはズバッと家賃を使ってみてください。
物件の情報を入力するだけで、想定される賃料を高い精度で推定します。

「割安」な物件をお探しの方は掘り出し物件検索を使ってみてください。 物件の情報から推測されるより大幅に安い賃料が設定されている物件を検索することができます。

相場マップ

今回始めて上京する方や、地域やエリアにあまりこだわりがない方は、まず相場マップをご覧ください。 GoogleMap上に家賃相場を色で表示しました。あまり細かいエリアわけはされていませんが、 広域でどの路線やエリアが賃料相場が高めなのか安めなのかを見る目安にしてください。

まるまる相場

職場や学校の関係で、鉄道の沿線で部屋探しをしている方も多いでしょう。 そのような方の場合、路線の各駅ごとに賃料相場が計算できると、希望する条件の物件を探しやすくなります。

※一般的な賃貸検索サイトにある「賃料相場」は物件の賃料の平均を出しているだけなのに対し、 当サイトの「賃料相場」は物件の平米数や築年数なども考慮して相場を計算しています。

ズバッと家賃

既に物件が決まっている方や、不動産業者さん、投資家さん、大家さんなどは、物件を一度ズバッと家賃で分析してみてください。 推定賃料や「想定される賃料帯」も表示されるため、「デザイン的におしゃれで相場より絶対高い」と思われる物件がどの程度の賃料までならあり得るのかなどもわかります。

掘り出し物件検索

エリアや駅は決まっているものの、なかなか物件が決まらない方は掘り出し物件検索で、割安な物件を探してみてはいかがでしょうか。 条件を指定すれば、条件に近い物件のうち、実際の賃料が、その物件のデータから算出された推定賃料より大幅に安い物件を見つけます。 大家さんにもいろいろな人がいて、多少安くても早く入居者を決めたい大家さんは少なからずいます。 そういう部屋ほどすぐに決まってしまいますので、定期的にチェックすることをおすすめします。

お問い合わせ