ブルーライン沿いの賃貸居住環境

ブルーライン沿いの賃貸について

ブルーライン沿いは、横浜市の都筑区から横浜の中心部を経て湘南までつながる非常に長い路線上にあります。
そのため、賃貸物件は非常に豊富です。便利さを求めるなら横浜駅や桜木町、関内といったJR、私鉄沿線が多数乗り入れるエリア、落ち着いた環境を求めるならセンター北・南などの都筑区の新興住宅地や、戸塚周辺の郊外など需要に合わせた賃貸物件探しができるでしょう。
特に、港北区から戸塚区にかけては横浜の中心部よりも2割から3割程度安い物件があります。
ブルーライン沿いの賃貸物件の特徴は、安くて小ぢんまりしたアパートから、セキュリティーがしっかりした高級マンションまで非常に幅広い選択肢があることです。

ブルーライン沿いの住みやすさ

ブルーライン沿いはごく一部の繁華街を除けば大部分はのどかな郊外となっており、駅前は栄えていてもちょっと足を伸ばせば田園地帯や森林が広がるといった自然豊かな地域が多いです。
都心に近く、かつ環境がよいので非常に住みやすい街が多いというのがブルーライン沿いのよいところと言えます。
あるいは、買い物の便利さや娯楽の多さを求めるのであれば、横浜~伊勢佐木長者町までの繁華街周辺地区もお勧めです。
また、教育や医療などの施設も充実していて公園も多く、お子さんがいる家庭やお年寄りも安心して暮らすことができるでしょう。

ブルーライン沿いの子育て環境

ブルーライン沿いの横浜市は全国で初めて「待機児童ゼロ」を達成した市です。幼稚園・保育園が多いので小さいお子さんがいるご家庭も安心です。
人口が多いブルーライン沿いには小中学校も多いのが特徴。教育水準が高く、レベルが高い高校やスポーツに強い高校などがあります。
横浜駅周辺には各種専門学校、横浜市郊外には大学など教育施設も充実しています。
また、横浜市の各区には「市民の森」と呼ばれる横浜市が整備している森林がいくつもあるので、子供を自然に触れさせる機会も多くなるでしょう。
教育、住環境ともにブルーライン沿いは概ね子育て環境がいいと言えますが、ただし一部には治安が悪い繁華街があるので注意が必要です。

ブルーライン沿いの交通アクセス

ブルーライン沿いはブルーライン自体が非常に長い路線であることや、JRや私鉄各線への乗り換えができる駅が多いので、交通アクセスが非常に便利です。
また、ブルーライン沿いの各駅の特徴としてバス路線が非常に発達していることが挙げられます。多いところでは3社ほどのバス会社が走っており、ブルーライン沿いから放射線状に伸びる地域へのアクセスもスムーズです。
終点の湘南台駅は小田急線、反対側の終点のあざみ野駅は東急田園都市線、そしてその途中の戸塚や横浜はJR東海道線・横須賀線などとつながっているので都心へ行くのも便利、そして、新横浜からは新幹線に乗ることもできます。
このように、交通アクセスの点でも万全です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク