三田線沿いの賃貸居住環境

三田線沿いの賃貸について

三田線沿いの賃貸物件は板橋から山手線内を経由して三田に向かうほど高級物件になります。
春日から内幸町にかけてはオフィスビル街が中心で三田、目黒にかけては都内でも有数の高級住宅街として知られています。
三田線沿いでも巣鴨から高島平に向かっては物件数も豊富で、大家さんが所有する土地に建築したアパートや分譲マンション、単身者向けのアパートや投資用の単身者向けマンションなど種類も豊富で、都内にもかかわらず広めで安めの物件が多いのが特徴です。
駅から数分で戸建住宅エリアが続いたり、大型マンションなどが立ち並んでおり、土地を購入して住宅を建築したり、マンションを購入して生活したり投資したりすることができます。

三田線沿いの住みやすさ

三田線沿いの住みやすさから言えば、巣鴨から高島平に向かう駅であれば駅前にスーパーやクリーニング店、コンビニなどがあり生活するには不自由がありません。
物件も豊富ですから理想の住まいを予算内で探しやすいですし、図書館やプール、区民ホールなどの公共施設も充実しています。
内幸町から目黒までの沿線は高級住宅地ですので、外国籍の人も多く高級輸入スーパーやカフェ、多国籍レストランなどがあり、広い公園や庭園があるため緑も多くゆったりとした暮らしが可能になります。
三田線沿いに暮らすと日比谷、大手町、内幸町といったビジネス街へのアクセスもよく、帰宅時間が遅くなってもタクシー代が負担になりません。

三田線沿いの子育て環境

三田線沿いの子育て環境は板橋から高島平方面の駅ではファミリー向けの住宅が多いため、保育施設が多く利用しやすいのが特徴です。
三田や目黒では保育施設が多いとは言えませんが、無認可保育園など24時間預かってくれる保育園があり、地元の人や通勤客にとって利用しやすいものとなっています。
三田線沿いでは公園や庭園が多いので散歩や気分転換を楽しむことができますし、輸入雑貨や輸入子供服などの取り扱いをしているセレクトショップなどもありますので、ショッピングを楽しんだり贈り物を選んだりすることもできます。
科学館や美術館、ホテルなどが多いので、子供連れでも気軽に出かけることができます。

三田線沿いの交通アクセス

三田線沿いの交通アクセスはとてもよく大手町や日比谷に通勤する人でリーズナブルな家賃の物件を探している人におすすめです。
帰宅が遅くなってもタクシー代がそれほど負担になりません。
三田線沿いの駅は乗り換えが少なく、乗り込んでくるだけになりますので混雑しますが、あえて西高島平に住むことで始発列車に確実に乗ることができるというメリットもあります。
内幸町、御成門、芝公園と三田線沿いオリジナルの駅もありますが、徒歩数分で他の路線に乗り換えることができます。
一見するとJRの乗り換えが不便に見えますが、板橋から池袋へ、水道橋から東京へ、三田から品川へ、目黒から渋谷へと連絡することができます。

スポンサーリンク