東急東横線沿いの賃貸居住環境

東急東横線沿いの賃貸について

東急東横線は、渋谷から東京西部を経て川崎市を横断し、横浜市港北区から横浜市西区へといたる路線です。東急東横線沿いには、高級住宅街の代名詞とも言える田園調布が立地しており、立派な邸宅街が形成されています。
しかしながら田園調布が東急東横線沿いの全てではありません。
川崎市内に入りますと、新丸子、武蔵小杉、元住吉の3つの駅があり、商業地域に恵まれたエリアに多数の賃貸マンション、賃貸アパートが数多くあります。
さらに横浜市内にも住宅街が続いており、このエリアも住み心地の良い快適な住宅街と商業地域が良好な市街地を形成しています。
都内においても、祐天寺、中目黒、都立大学など、賃貸物件が豊富な駅があります。

東急東横線沿いの住みやすさ

東急東横線沿いは、連続した良好な市街地となっていおり、どの駅で降りても、日常生活(買い物、医療サービス、学校)に便利な住みやすい住宅街がある点にあります。
もちろん運転本数が多く、意外に混雑率の低い東急東横線の利便性は言うまでもなく、東京方面にも横浜方面にも通勤しやすい環境にあります。
沿線全域が東京23区と政令指定都市であるため、住民サービスの充実にも目を見張るものがあり、図書館などの公立施設が大変充実しています。
公園緑地についても、多摩川河川敷や多摩川台公園を始めとする大小多数の緑地や都市公園に恵まれ、利便性の高さと清浄な環境が両立している大変魅力的な沿線、それが東急東横線沿いです。

東急東横線沿いの子育て環境

東急東横線沿いは子育て環境も充実しています。多数の都市公園があるほか、保育園や小学校も多数あり教育施設が充実しています。
また、自治体による各種子育て支援サービスが充実していることも見逃せません。
きめ細かな相談支援体制や、夜間でも受け付けてくれる医療機関など、小さなお子さまを育てる若い世代をしっかりとバックアップしてくれます。
東急東横線沿いは多種多様な賃貸物件にも恵まれているため、子育てステージに応じた引っ越しもしやすく、かつ、商業地域が発達しているため、買い物やレクリエーションなどの日常生活に不便な思いをすることがないという魅力があります。

東急東横線沿いの交通アクセス

渋谷から横浜まで伸びる東急東横線沿いには、東横線と交差する形でJR南武線、横浜市営地下鉄グリーンライン、JR横浜線が接続しています。
東のターミナル渋谷では、東京メトロ副都心線と直通し、東急東横線沿線から新宿方面まで、乗換なしで到達できます。
また、西のターミナル横浜では、みなとみらい線に直通し、横浜の都心であるみなとみらい地区から関内を経て、元町・中華街まで乗換なしで到達できます。
このように便利な東急東横線沿いですが、近い将来、相鉄線との相互直通運転が計画されており、さらには川崎市を南北に縦貫する予定の川崎市営地下鉄(仮称)とも、武蔵小杉で接続する計画があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク