入居前の交渉と入居後の交渉

入居前の交渉と入居後の交渉

「家賃交渉」でgoogle検索すると、
家賃交渉に関するページが多数出てきますが、
多くは「事務所・店舗用」の家賃交渉だったり、
「居住用」だったとしても「入居前」の交渉だったりします。

入居前に家賃交渉する場合、
大家さんとしてもまだ入居していないわけですから、
交渉が決裂しても単に別の入居者を探せばいいだけです。
また、入居者を募集しているわけですから、
それなりの自信を持って家賃を決めているはずです。
このことからおそらく、大きな額の減額はなかなか難しいでしょう。

一方の入居中の交渉について考えてみましょう。

入居中の場合、長期で居住しているのであれば、
入居当時よりも周辺の相場が下落している可能性があります。
このデフレの世の中です。
相場が上昇している地域のほうが珍しいと言えるでしょう。

ここ数年は上昇している地域が多いようですが。

また、お住まいの住宅の設備や内装に関しても、
入居時よりは劣化しているでしょう。
劣化していれば賃料を安くしてもらう権利があります。
もちろん大家の立場から考えても、
安くすることを検討せざるを得ない理由があります。
参考→大家から見た家賃交渉

以上のように、
現在妥当だと考えられる賃料は、
入居当時よりも下がっていることが多いのです。
ただ、入居者が交渉しないがために、
入居当時の賃料を払い続けているのです。

入居前の交渉であれば自分でやる必要がありますが、
入居後の交渉であれば代行してくれる会社があります。
手出しの費用は全くなしに適正な賃料計算から交渉までやってくれます。

手出し資金不要の家賃交渉 コストリノベーション株式会社

[gengaku link]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする