交渉時の適正な家賃とは

家賃交渉で提示すべき適正な家賃とは

居住中の賃貸物件の家賃交渉をする際、
一般の方がその物件のその時点での適正な賃料を算出するのは非常に難しいでしょう。

賃貸物件というものは、近くに同じような物件がたくさんありますが、
ひとつとして同じ条件のものはなく、すべての物件が異なります。
そのため、似たような物件をたくさん見て、
対象の物件の適正な賃料を算出してやる必要があるのです。

対象の物件の適正な賃料を決める要素は実はそれだけではありません。
例え、周囲と同じくらいの賃料を設定できたとしても、
その条件ですぐに入居者が決まるとは限らないためです。
賃貸の需要は季節によっても変化しますし、年を経る毎に変化します。
人気のある地域だったはずが、あっという間に
なかなか借り手がつかない地域になることもあれば、
ちょっとした商業施設ができたがために一挙に人気の地域になることもあります。

このように、「適正な賃料を決める」という作業は、
その地域に詳しいベテランの不動産屋さんの手でも難しいものです。

そのため、家賃交渉をする際には様々なことを考慮に入れ、
要求する賃料を決定する必要があります。

まず第一に考えるべきは上記で述べた周辺物件の相場です。
交渉相手である大家さんは、その地域で長年賃貸業を営んでいます。
長年営んでいれば、周辺物件の相場はある程度把握しています。
その大家さんに対して、相場より非常に安い賃料を提示しても、一蹴されるだけでしょう。
まずは本サイトのズバッと家賃で大まかな家賃を計算してみましょう。

他に考えるべき要素は、
当該物件の設備・内装や建物の劣化についてです。
入居したときよりも設備が古くなっているわけですから、
多少賃料を下げてもいいはずです。
参考→設備の劣化と家賃交渉

また、大家さんの立場でも考える必要があります。
大家さんが「退去されるよりも減額してでも住んでもらいたい」と
思えるような賃料を提示する必要があります。
参考→大家から見た家賃交渉

このように、様々な要素を考慮する必要があり、
適正な賃料を算出するのは非常に難しいということが、
お分かりいただけたのではないかと思います。

もちろん、自分で適正な賃料を算出し、
その賃料を提示して交渉を行うことも可能ですが、
算出から交渉まで含めて一貫して代行してくれるサービスもありますので、
それを利用してみてはいかがかと思います。
手出しの費用は全くなしに適正な賃料計算から交渉までやってくれます。

手出し資金不要の家賃交渉 コストリノベーション株式会社

[gengaku link]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする