家計から考える家賃交渉

節約よりも賃料交渉を

家計の改善を考えたとき、
まず多くの方が考えるのが「節約」です。

節約は大切です。
節約せずに浪費を続けると家計はあっという間に崩壊するでしょう。

しかし、節約にも限界はあります。
節約すればするほど生活レベルが落ちるのが普通だからです。
食費を削れば、質素な食事で我慢しなければならないし、
服飾費を削れば、質素な服で我慢する必要があります。
もちろん、それを補うテクニック等もあると思いますが、
そういうテクニックをフルに使っても限界が必ずあります。

「節約」以外の家計の改善方法を考えてみましょう。

節約以外で家計を改善する方法とは、
各種固定費を削減することです。
保険料、住居費などです。

保険料の削減に関しては、非常に複雑です。
家庭環境や将来のビジョン、仕事の安定性などによっても異なるため、
ここで十把一絡げに議論することはできません。
そして世の中にはファイナンシャルプランナーという保険のプロがいるので、
それらの方々にお願いして見直すのが良いでしょう。

一方の住居費。
持ち家か賃貸かによって異なります。
持ち家の場合、住居費を削減するための方法として最も有力なのが、
住宅ローンの借り換えです。
ここでは詳しくは延べませんが、
現在住宅ローンを借りている方のかなりの割合の方が、
ローンの借り換えによって返済費用が減額するようです。
是非一度、調査をしてもらうと良いでしょう。→「住宅ローン借り換えセンター」

一方、賃貸住宅の場合。
住居費を削減するのはなかなか難しいように思われがちですが、
持ち家よりもむしろ単純で、簡単に削減できることが多いです。
その方法とは「家賃交渉」するという方法です。

世の中では賃料は常に変動しています。
現在お住まいの部屋が、現在も入居時に契約した賃料と変わらない
などということはまずありません。
また、住んでいる間に内装や設備も経年劣化しているでしょうし、
建物の外観も古くなっているでしょう。
参考→設備の劣化と家賃交渉

家賃交渉なんてすると、大家さんと関係が悪くなり、
住みにくくなるのでは?なんて考える方もいらっしゃるでしょう。
でも、そんなことはありません。
大家さんとしても、入居者に意地悪しても何もいいことはないのです。
多少賃料を減額されたとしても、長く住んでほしいと考える大家さんがほとんどでしょう。
参考→大家から見た家賃交渉

じゃあ、実際どうやって交渉すればいいのでしょうか。
また、何円削減する要求をすればよいのでしょうか。
そのあたりはなかなか個人で実施するのは難しいので、
プロに頼むのが良いでしょう。
手出しの費用は全くなしに適正な賃料計算から交渉までやってくれます。

手出し資金不要の家賃交渉 コストリノベーション株式会社

[gengaku link]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする