東京メトロ半蔵門線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東京メトロ半蔵門線の家賃相場

東京メトロ半蔵門線は、渋谷から押上までを結ぶ、東京メトロの路線です。
渋谷から先は東急田園都市線と、
押上から先は東武伊勢崎線とそれぞれ直通運転をしています。
両端で非常に混雑する通勤路線と直通し、
大ターミナル駅である渋谷とビジネス街大手町を通過するため、
ラッシュ時には非常に混雑する路線でもあります。
また、まもなく押上には東京スカイツリーが完成するため、
その観光路線としても休日も混雑するようになることが予想されます。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、下記の二つに分けました。
渋谷〜大手町までの山手線内エリア
大手町〜押上までの東エリアです。

山手線内エリア(渋谷〜大手町)

渋谷を出発すると、皇居方面に向けて走ります。
そのまま永田町を通り、進路を北に変え、
皇居を右回りに半周し、大手町に至ります。
もともと銀座線の混雑緩和を目的に建設された路線であるため、
渋谷から永田町付近まではほぼ同一経路を走ります。
渋谷でJR山手線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、
東京メトロ副都心線、東急田園都市線東急東横線京王井の頭線
表参道で東京メトロ千代田線と、
青山一丁目で都営大江戸線と、
永田町で、東京メトロ有楽町線、東京メトロ南北線
九段下で東京メトロ東西線、都営新宿線と、
神保町で都営三田線、都営新宿線と、
大手町で東京メトロ丸の内線東京メトロ千代田線
東京メトロ東西線、都営三田線と連絡します。
このエリアで最も家賃が高いのは青山一丁目です。
あとは、永田町、表参道、渋谷と続きます。
差はそれぞれ2000〜4000円程度です。
青山一丁目と渋谷の差は10000円程度です。
他の4駅に比べ、この4駅は圧倒的に高くなっています。
他の4駅はおおむね横一線で渋谷より約10000円ほど安くなっています。
青山一丁目や表参道付近はやはり高級住宅街ということで、
高くなっているようです。
ただし、青山一丁目は物件数が非常に少なくなっているため、
誤差である可能性もあります。
この結果を見ても分かるように、
やはり皇居の南西側が高くなる傾向にあるようです。
特筆すべき家賃相場の傾向としては、
経年による家賃下落幅が非常に大きいことです。
おそらく、非常に古くからの物件が多々あり、
それらがまだ現役で稼働しているため、
このような傾向が表れているのだと考えられます。

東エリア(大手町〜押上)

大手町を過ぎると、水天宮付近を通り、墨田川を渡ります。
その後しばらく東に走り、途中で90度北に進路を変えます。
そのまま押上に至ります。
隅田川を渡る前まではビジネス街、繁華街ですが、
隅田川を渡った途端住宅街になります。
大手町で東京メトロ丸の内線東京メトロ千代田線
東京メトロ東西線、都営三田線と、
三越前で東京メトロ銀座線、JR総武線と、
清澄白河で都営大江戸線と、
住吉で都営新宿線と、
錦糸町でJR総武線と、
押上で、東武伊勢崎線、都営浅草線、京成押上線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、大手町です。
あとは大手町から遠ざかるにつれて下落します。
ひと駅あたり、3000〜4000円程度下がります。
ただし、隅田川を渡る際はさらに7000円程度下がります。
やはり隅田川のどちら側かでかなり相場が変わるようです。
上記傾向から外れる駅は錦糸町です。
錦糸町は総武線と連絡する駅であるほか、
駅前に繁華街があることなどから高くなっているようです。
特筆すべき家賃相場の傾向としては、
都心の地下鉄路線である割には、
パラメータの全体的な傾向が郊外のそれと近くなっていることです。
駅からの距離による家賃下落率もそれほど大きくないですし、
平米単価も比較的低めです。
これはおそらく、隅田川以東のエリアのほうが物件の数が非常に多いため、
こちらの傾向が大きく出ているのだと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする