JR山手線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

JR山手線沿線の家賃相場

山手線は言わずと知れた東京の中心部のJRの環状線です。
私鉄、地下鉄のターミナルになっている駅が非常に多く、
さまざまな路線を乗り換える際には非常に便利です。
詳しい説明はwikipediaをご覧ください。
環状線であるため、エリアを分けるのは難しいのですが、
下記3つに分けて分析を行いました。
また他の路線とは違い、3つのエリアを比較する観点でも分析を行いました。
上野〜品川までのビジネスエリア
品川〜池袋までの副都心エリア
池袋〜上野までの北エリアです。

ビジネスエリア(上野〜品川)

東京のビジネスの中心である東京、新橋、浜松町、田町を含むエリアです。
このエリアは京浜東北線など他の路線が多く並行して走っているため、
環状線である山手線の価値はそれほど大きくはありません。
とはいえ、新宿渋谷方面に向かうにも、
他の私鉄などに乗り換えるのにも非常に便利な路線であるため、
日中でも乗降客は非常に多いです。
ビジネス街であるため、住宅物件数は少なめのエリアです。
田端から品川まではJR京浜東北線と並行して走ります。
東京から品川まではJR東海道線と並行して走ります。
上野で東北新幹線、JR高崎線、JR常磐線、京成本線、東京メトロ銀座線東京メトロ日比谷線と、
御徒町で都営大江戸線と、
秋葉原でJR総武線、つくばエクスプレス、東京メトロ日比谷線、都営新宿線と、
神田でJR中央線東京メトロ銀座線東京メトロ千代田線、都営新宿線と、
東京で、東北新幹線、東海道新幹線、JR横須賀線、JR京葉線、JR中央線東京メトロ丸の内線、東京メトロ東西線、東京メトロ千代田線と、
有楽町で東京メトロ有楽町線、東京メトロ日比谷線東京メトロ千代田線都営三田線
新橋でJR横須賀線、ゆりかもめ、東京メトロ銀座線都営浅草線
浜松町で東京モノレール羽田空港線、都営浅草線都営大江戸線と、
田町で、都営浅草線都営三田線と、
品川で、JR東海道線、JR横須賀線、東海道新幹線、京急本線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、新橋です。
あとは、有楽町、田町、浜松町と続きます。
並行して走っている京浜東北線とほぼ同様の結果です。
東京は周囲に住宅がほとんどなく、ニーズもあまりないため、意外にも安いようです。
最も安い駅は上野です。
あとは、御徒町、秋葉原、神田と続きます。
この傾向も京浜東北線と同様で、東京より北側の駅では安くなる傾向があるようです。
この地域の家賃相場の特徴的なパラメータは、
山手線の他の駅と比較して、駅からの距離による家賃下落が非常に大きいことです。
これは周囲に他の路線も多く走る地域としては非常に意外な結果です。
考えられる原因は、このエリアに住む方は、
職場までの時間をとにかく短くしたい方が多く、
駅前の物件に非常に高い価値を見る方が多いことが考えられます。
駅から多少離れても住環境がそれほどよくなるわけでもないため、
駅から離れることのメリットがあまりないのかもしれません。

副都心エリア(品川〜池袋)

品川から池袋までは非常に大きなターミナル駅が並び、
それらターミナル駅から数駅の範囲内は
非常に人気のあるエリアが多くある地域です。
住宅地としての地価も日本でも最高のエリアなのではないでしょうか。
山手線の電車も時間帯をとわず非常に乗降客が多く、
ほとんどの駅が駅前に繁華街を持っています。
大崎ー池袋間では埼京線・湘南新宿ラインと並行して走ります。
品川でJR東海道線、JR横須賀線、東海道新幹線、京急本線と、
大崎でりんかい線と、
五反田で東急池上線都営浅草線と、
目黒で東急目黒線東京メトロ南北線都営三田線と、
恵比寿で東京メトロ日比谷線と、
渋谷で東急東横線東急田園都市線京王井の頭線東京メトロ銀座線東京メトロ半蔵門線、東京メトロ副都心線と、
原宿で東京メトロ千代田線、東京メトロ副都心線と、
代々木でJR中央線、JR総武線、都営大江戸線
新宿でJR中央線、JR総武線、小田急小田原線京王線東京メトロ丸の内線、都営新宿線と、
高田馬場で西武新宿線、東京メトロ東西線と、
池袋で西武池袋線、東武東上線、東京メトロ丸の内線
東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は原宿です。
あとは、恵比寿、渋谷と続きます。
そのあとは10000円ほど差が開いて、
新宿、代々木、目黒と続きます。
原宿は代々木公園に隣接しており住環境が良いだけでなく、
表参道などにも近いため、高くなっているようです。
代々木公園があまりに大きすぎるため、周囲に物件数が少なく、
希少価値があるということも高い原因の一つかと考えられます。
逆に安いのは大崎、高田馬場、池袋、目白です。
やはり新宿より北に行くとかなり安くなるようです。
また、品川、大崎付近も交通の要衝である影響か、
住宅街が古い影響か比較的安めのようです。
このエリアの特徴的なパラメータは、
山手線の他のエリアと比較して、
アパートとマンションの家賃差が非常に小さいことです。
これはこれまで分析した全路線の中でも最小の部類に入ります。
これは、このエリアでは多少古いアパートでも、
マンションと変わらずニーズがあり、
現役で稼働していることが原因かと考えられます。
常にニーズがあるため、取り壊して建て直そうという大家さんがあまりおらず、
リノベーションなどを施して稼働させているのだと考えられます。

北エリア(池袋〜上野)

池袋を過ぎると、一挙に雰囲気が変わり、
落ち着いた住宅街になります。
山手線であるので交通の便は非常に良いのですが、
子育て世帯や老人世帯の住みやすい町として選ばれる駅も多々あります。
田端から品川まではJR京浜東北線と並行して走ります。
池袋で西武池袋線、東武東上線、東京メトロ丸の内線
東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線と、
大塚で都電荒川線と、
巣鴨で都営三田線と、
駒込で東京メトロ南北線と、
西日暮里で東京メトロ千代田線、日暮里・舎人ライナーと、
日暮里でJR常磐線、京成本線、日暮里・舎人ライナーと、
上野で東北新幹線、JR高崎線、JR常磐線、京成本線、東京メトロ銀座線東京メトロ日比谷線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、池袋です。
そのあとは、池袋と1000円ほどの差でほぼ横一線で
大塚、巣鴨、駒込、上野が続きます。
逆に最も安いのは田端です。
田端は他の地下鉄などとの乗り換えができず、
また、周囲に線路がたくさん走り、住環境が悪いため、
安くなっているのだと考えられます。
田端のあとはそれぞれ1000〜2000円ほどの差で、
西日暮里、鶯谷、日暮里が続きます。
このあたりのエリアは駅間の家賃差があまり大きくないようで、
池袋と田端の差でも10000円もありません。
このエリアの家賃相場の特徴は、山手線の他のエリアと比較して、
平米単価が非常に安い点が挙げられます。
山手線沿線で交通には便利であるものの、
それほど人気のエリアというわけではなく、
家賃は非常にリーズナブルに抑えられているようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする