東急東横線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東急東横線 (含 みなとみらい線)の家賃相場

東急東横線(含 みなとみらい線)は渋谷から横浜を通り、元町・中華街まで行く
東急を代表する路線です。田園都市線と並び、人気が高く通勤通学に便利な路線でもあります。
途中、東急目黒線と並走します。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、大きく三つに分けられます。
渋谷〜武蔵小杉あたりまでの東京エリア
武蔵小杉〜横浜あたりまでの川崎・横浜エリア
横浜〜元町・中華街までのみなとみらいエリア

東京エリア(渋谷〜武蔵小杉)

目黒区の住宅地をひた走るエリアです。
途中、それほど目立つランドマークもありません。
都心へ通勤する方が多く住む地域だと思われます。
渋谷でJR山手線東急田園都市線京王井の頭線東京メトロ半蔵門線東京メトロ銀座線、東京メトロ副都心線などの沢山の路線と、
中目黒で東京メトロ日比谷線と、
自由が丘で東急大井町線と、
多摩川で東急多摩川線と、
武蔵小杉でJR南武線、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインと連絡します。
家賃相場は基本的に東急田園都市線と同じ傾向を示しています。
渋谷から遠ざかるにつれてだんだんと安くなります。
ただし、最も高いのは代官山です。
おしゃれな街というブランドが影響しているものと思われます。
代官山と距離はあまり離れていない中目黒は、代官山より15000円以上安いという結果です。
武蔵小杉は意外にもあまり高くないようです。
JR横須賀線の駅ができたことで、都心へのアクセスは格段に良くなりました。
また、駅周辺の再開発も進んでいるので今後上昇する可能性はありそうです。
この地域の特徴は、築年数の経年による家賃の下落率が非常に高いことです。
なぜ、この地域でそのようなことが起こっているかは調査が必要です。
もうひとつの特記事項としては、東急田園都市線以上に、
平米単価が非常に高いことが挙げられます。
狭くても都心までの距離を重視するという傾向がうかがえます。
都心へ通う人が多く住む地域特有の傾向だと考えられます。

川崎・横浜エリア(武蔵小杉〜横浜)

かつては工場地帯だったところもあり、
田園都市線のような閑静な住宅街という感じではありません。
地形的には川崎市内は丘陵が多く、横浜に入るとある程度平坦な地形です。
武蔵小杉でJR南武線、JR横須賀線と接続するほか、
日吉で横浜市営地下鉄グリーンライン
菊名でJR横浜線と接続します。
また、横浜駅はJRでは京浜東北線JR東海道線、横須賀線、横浜線と接続し、
JR以外にも京急本線相模鉄道横浜市営地下鉄ブルーラインと接続する大ターミナル駅です。
日吉には慶応大学があり、学生の多いエリアでもあります。
家賃相場は、横浜と武蔵小杉がほぼ同程度の高さです。
その他の駅は日吉、元住吉が多少高い以外はそれほど大きな差は見られません。
これは都心から郊外へ伸びる線としては珍しい傾向です。
おそらく、横浜へ向かう通勤客も多いことから、
このような傾向を示しているのだと考えられます。
特筆すべき地域特性としては、
都心に近い路線でもないのに駅からの距離による家賃低下が非常に大きいことが挙げられます。
おそらく、渋谷、横浜などへの通勤のために住んでいる方が多く、
駅から近いことに価値を置く住民が多いためと考えられます。

みなとみらいエリア(横浜〜元町・中華街)

2004年に開業した路線です。
横浜以外では他の路線との接続はありません。
住宅地という感じの場所は多くなく、物件数も非常に少ないです。
家賃相場は、みなとみらいが一番高いですが、
何しろ物件数が少ないため、あまり信憑性は高くないでしょう。
特筆すべき地域特性としては、
築年数の経年による家賃低下が他の地域に比べて圧倒的に高いことが上げられます。
ただし、このエリアは新しくできた街が多いため、
今後も同様の傾向を示すとは限らない点に注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする