JR東海道線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

JR東海道線沿線の家賃相場

東海道線とは東京駅からはるか遠く神戸駅までを結ぶ路線を指します。
日本を代表する路線の一つです。
関東地方では、東京ー大船間は山手線、
京浜東北線や横須賀線などとそれぞれ並行して走る為、
東海道線固有の区間は大船以西となっています。
今回の分析では、大船ー小田原間を分析対象としました。
小田原以西を除外したのは、そもそも物件数があまりないこと、
首都圏という概念からは少し外れることなどが理由です。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
大船ー小田原間全体を一つのエリアとして分析を行いました。

全線エリア(大船〜小田原)

大船から小田原まで全線が「湘南」と呼ばれる、観光地が多くある地域です。
東海道線のおかげで都心からのアクセスも良く、
観光シーズンの週末にはたくさんの観光客であふれます。
また、都心へのアクセスの良さや機構の良さなどから、
このあたりに住宅を構え、都心まで通勤する方も多く見られます。
大船でJR横須賀線、JR京浜東北線、湘南モノレールと、
藤沢で小田急江ノ島線、江ノ島電鉄線と、
茅ヶ崎で相模線と、
国府津でJR御殿場線と、
小田原で小田急小田原線、東海道新幹線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道大雄山線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は大船です。
大船から遠ざかるにつれてひと駅あたり2000〜3000円程度下落するようです。
遠ざかるにつれて下落幅はだんだん小さくなり、
小田原近辺では1000円程度の差しかないようです。
上記傾向に当てはまらず高い駅は、小田原です。
小田原は東海道新幹線も止まり、他の路線との連絡も多いため高くなっているようです。
上記傾向に当てはまらず安い駅は二宮です。
両隣の駅より1000〜2000円ほど安くなっています。
街自体が小さく、シングルが暮らすにはあまり適していないようです。
このエリアの家賃相場の特徴的なパラメータは、
東京駅まで1時間程度でられるほど都心へのアクセスが比較的良い割には
平米単価がそれほど高くない点です。
おそらく、地価がそれほど高くないということと、
比較的余裕を持った部屋が多く存在するためだと思われます。
横浜、川崎、品川、東京あたりに通勤する人にとっては、
検討する価値のある良い路線だということがいえそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする