東急多摩川線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東急多摩川線の家賃相場

東急多摩川線は東急東横線の多摩川駅とJR京浜東北線の蒲田駅を結ぶ、
全線を通して東京都大田区を走る路線です。
多摩川と東急池上線とに挟まれた非常に狭いエリアを走る路線であるため、
本路線の駅を最寄とする物件は少なく、
利用者数もそれほど多くはありません。
車両が東急池上線上の車庫で管理されている関係により、
一部東急池上線との直通運転もあります。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、全線を一つのエリアとして分析を行いました。

全線エリア(多摩川〜蒲田)

多摩川駅を出てしばらくは多摩川のすぐわきを走ります。
その後だんだんと川から遠ざかり、下丸子付近から
環八通りのそばを走ります。
このあたりでは特に池上線と接近して走ります。
矢口渡を過ぎたのち、環八通りと立体交差し蒲田に至ります。
多摩川で東急東横線東急目黒線と、
蒲田で東急池上線JR京浜東北線と連絡します。
このエリアで最も家賃相場が高い駅は多摩川です。
それに蒲田が続きます。
最も安い駅は矢口渡で、他の駅はほぼ横一線です。
多摩川と蒲田の差は2000円程度、
蒲田と沼部などとの差は3000円程度、
沼部などと矢口渡の差は2000円程度です。
多摩川と蒲田は乗換駅であるため高くなっているようです。
矢口渡は、幹線道路が多く走っていることや、
川崎側から徒歩圏として記載されていることが原因だと思われます。
つまり、本質的にはそれほど安いわけではなさそうです。
このエリアの特徴的な家賃相場のパラメータは、
駅からの距離による家賃下落幅が非常に大きいことです。
これは主要な通勤路線の、山手線のすぐ外側のエリアなどでみられるレベルです。
多摩川線はそれほど通勤に直結した路線ではないため、
この数字は通勤とは別の原因を考える必要があります。
原因は、川崎側の物件で本路線を徒歩圏として登録している物件が多いためです。
東京都内と川崎側ではかなりの家賃差があり、
多少遠い物件として登録しても掲載価値があるため、
このような現象が生じているのだと思われます。
つまり、本質的に駅からの距離による家賃下落幅が大きいわけではないようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする