横浜市営地下鉄ブルーライン周辺の賃貸情報|適正家賃.com

横浜市営地下鉄ブルーラインの家賃相場

横浜市営地下鉄にはブルーラインとグリーンラインがあり、
横浜市を半周ぐるっと回っている古い路線がブルーラインです。
他の路線との接続も多く、横浜駅を通っているため大変利便性の高い路線となっており、
横浜市民の足として親しまれています。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、大きく三つに分けられます。
あざみ野〜横浜までの港北エリア
横浜〜上大岡までの港南エリア
上大岡〜湘南台までの郊外エリアです。

港北エリア(あざみ野〜横浜)

まさにニュータウンという感じの街、センター北、センター南を通ります。
この2駅周辺は、ショッピングモールが立ち並ぶ非常に新しい街です。
その他の駅も、古い住宅街と新しい街が並存する非常に魅力的な地域です。
また、東海道新幹線の駅である新横浜も通ります。
あざみ野で東急田園都市線と、
センター北、センター南で横浜市営地下鉄グリーンラインと、
新横浜で東海道新幹線、JR横浜線と、
横浜駅でJR京浜東北線など沢山の路線と接続します。
家賃相場は、横浜以外は大差ないようです。
横浜に近くなるほどちょっとずつ高くなっているように見えますが、
それほど大きな差はなく、誤差の範囲かもしれません。
センター北とセンター南は思ったより高くはないようです。
それに対し、新横浜は結構高いようです。
その他のパラメータも概ね平均的な値を示しており、
安定した住宅街を走る路線といった雰囲気をかもし出しています。

港南エリア(横浜〜上大岡)

桜木町、関内、伊勢佐木長者町などの繁華街を抜け、
上大岡まで国道16号線、県道21号線の下を走るエリアです。
京急線と並行して走っており、交通の便は非常によい地域です。
道路を中心とした、古い街で様々な店などが点在しています。
横浜から関内までは京浜東北線と並行して走り、
上大岡で京急本線と連絡します。
家賃相場は、横浜が一番高く、
横浜から離れるほどほぼ一定して安くなっていきます。
意外にも上大岡はあまり高くないようです。
特筆すべき地域特性としては、
経年による家賃下落が、みなとみらい線と並ぶほど大きいことです。
確かに桜木町、関内と繁華街を通ってはいますが、
それ以降は古い街を通ることを考えると意外な気がします。
また、アパート、マンション間での家賃格差もあまり大きくないようです。
古い街であるがため、アパートが多く、街の景観からしても
それほど敬遠されないことが原因かもしれません。

郊外エリア(上大岡〜湘南台)

上大岡から戸塚を通り、小田急江ノ島線湘南台駅までのエリアです。
上大岡を過ぎると県道21号線を離れ、住宅街の中を戸塚に向けてひた走ります。
戸塚には非常に大きな工場がいくつかあり、
乗降客非常に多い駅となっています。
戸塚を過ぎると、長後街道の下を走ります。
立場付近で長後街道を離れ、湘南台まで行きます。
戸塚で東海道線、横須賀線と、
湘南台で小田急江ノ島線と連絡します。
家賃相場は、上大岡から離れるに従って安くなる傾向はありますが、
駅によって大きな差があるようです。
高い駅は、下永谷、戸塚、中田、湘南台です。
戸塚と湘南台は他の路線との乗換駅であるため、高くなっています。
(それでもそれほど高くは無い。)
下永谷は近くに新しい整備された住宅街があるため、比較的高くなっているようです。
しかし、下永谷はHome’sの家賃相場では路線中、最も安くなっています。
この結果の違いはHome’sが単純に家賃の平均値を出しているのに対し、
この適正家賃.comでは各種物件の条件をそろえた場合に、
家賃に対する駅の影響がどの程度あるのかを計算しているためです。

中田はなぜ高いのか、よくわかりません。
物件数が少ないため、誤差が大きくなっているのかもしれません。
逆に安い駅は、踊場、下飯田です。
踊場は原因はよくわかりません。物件数が少ないことによる誤差である可能性は高いです。
下飯田は周囲が田畑ばかりであるため、安くなっていると考えられます。
この地域の地域特性として目立つのは、
駅からの距離による家賃下落が小さいことです。
郊外を走っているため、通勤通学の利便性よりも、
生活の環境を重視している傾向が垣間見えます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする