JR相模線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

JR相模線沿線の家賃相場

JR相模線は茅ヶ崎駅から橋本駅までを
神奈川県の中央部を縦に貫く前線単線の路線です。
終点の橋本駅はリニア中央新幹線の停車駅設置が予定されており、
今後の発展が期待される路線です。
前線を通して相模川の近くを走っています。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、大きく二つに分けられます。
茅ヶ崎〜厚木までの湘南エリア
厚木〜橋本までの相模原エリアです。

湘南エリア(茅ヶ崎〜厚木)

東海道線も通る茅ヶ崎を出発し、寒川町を通り、
厚木駅につきます。
厚木駅は厚木市ではなく実は海老名市に所在します。
相模川沿いということもあってか非常に工場の地域でもあります。
茅ヶ崎駅の北側には整備された新しい街が広がりますが、
エリア全体的には、古くからの街が多く、
新興住宅地という雰囲気の街はあまりありません。
茅ヶ崎駅でJR東海道線と、
厚木駅で小田急小田原線と連絡します。
家賃相場は、茅ヶ崎と厚木の両端に近づくほど高くなる傾向にあります。
厚木と茅ヶ崎では多少茅ヶ崎のほうが高いようです。
最も家賃相場が安い駅は宮山。
続く倉見、門沢橋と比較しても7〜8千円ほど、
茅ヶ崎と比較すると1.5万円ほども安いようです。
このエリアの特徴は駅からの距離による家賃下落が非常に小さいことです。
本エリア以外で最も駅からの距離による家賃下落が小さい
小田急線の本厚木〜小田原間の相場と比較しても、下落率は半分程度です。
これは小田急線には都内へ通勤する人がある程度いるのに対し、
相模線から都内へ通勤する人は非常に少ないということを示しています。
また、都内に限らず遠方へ通勤する人も非常に少ないと考えられます。
おそらく周囲に存在する工場などへ通勤する方が多いためだと思われます。

相模原エリア(厚木〜橋本)

厚木を過ぎて以降も相模川沿いに平坦な住宅街を走ります。
途中、米軍基地のそばを通ったりもしますが、
全線を通して古くからの住宅街といった雰囲気のエリアです。
橋本駅でJR横浜線京王相模原線と連絡します。
家賃相場は、厚木、海老名が比較的高く、それに橋本が続きます。
他の駅はこの3駅と比べて概ね5千〜1万円ほど安いようです。
両端に近いほど高い傾向は見受けられますが、それほど大きな差はないようです。
特筆すべき地域特性としては、
駅からの距離による家賃下落率と平米単価が
比較的安い傾向にあるということが挙げられます。
この辺りは都心へ通勤する人も少なく、
地価もあまり高くないため、比較的広々した賃貸住宅が多いためだと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする