東急大井町線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東急大井町線の家賃相場

東急大井町線は溝の口駅と大井町駅を結ぶ、
東急線の中でも距離が短い路線です。
短い路線でも途中連絡する路線は多く、乗り換えに非常に重宝する路線でもあります。
ラッシュ時もそれほど混雑せず(他の混雑する路線に比べればの話ですが)、
穴場路線という印象です。
主に世田谷区、品川区を走ります。
時間帯によっては東急田園都市線の鷺沼まで行く列車もあるようです。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、全線を通して似たような雰囲気ですが、
分析の都合上下記の二つに分けました。
溝の口〜大岡山までの世田谷区エリア
自由が丘〜大井町までの品川区エリアです。

世田谷区エリア(溝の口〜大岡山)

溝の口を出ると、二子玉川までは東急田園都市線と並行して走ります。
二子玉川からは、世田谷区の整備された住宅街を走ります。
途中、ところどころ高級住宅街などもあり、
閑静な住宅街という雰囲気です。
自由が丘で東急東横線と、
大岡山で東急目黒線と連絡します。
このエリアの家賃相場は、大岡山に近づくにつれて、
概ね上昇していく傾向にあります。
自由が丘は乗換駅であるため比較的高めです。
意外に高いのは、緑ヶ丘です。
周囲が高級住宅街である上、東京工業大学のキャンパスが
すぐそばにあることが影響しているものと考えられます。
逆に意外に安いのは、尾山台です。
この理由はよくわかりません。
乗換駅から遠く、ネームバリューもないということで、
少し敬遠されているのかもしれません。
つまり、そのあたりを気にしない方には
よい部屋に安く済める駅ということになる可能性が高いです。
その他、特筆すべき家賃相場の傾向としては、
アパートであることによる家賃低下が、他の路線の倍ほどもあることです。
おそらく、おしゃれな街に住みたいという方が多く、
部屋の広さなどだけでなく外観や造りなども
気にする方が多いためだと思われます。
これは高級住宅街が多くある路線に見られる傾向です。

品川区エリア(自由が丘〜大井町)

大岡山を過ぎたあたりから、
高級住宅街という雰囲気はだんだんと薄れ、
古い住宅街という雰囲気になってきます。
途中、高架になり、周囲を広く見渡せるようになりますが、
高い建物はあまりなく、古い商店や一軒家が多く立ち並ぶ地域です。
自由が丘で東急東横線と、
大岡山で東急目黒線と、
旗の台で東急池上線と、
中延で都営浅草線と、
大井町でJR京浜東北線、りんかい線と連絡します。
家賃相場は、
どちらに行けばだんだんと安くなるなどの傾向はあまり見られません。
高い駅は、自由が丘と緑ヶ丘で、
安い駅は、荏原町です。
自由が丘は東急東横線の乗換駅であること、
緑ヶ丘は高級住宅街である上、東京工業大学のキャンパスが
すぐ近くにあることが原因で高くなっているようです。
荏原町は少しごちゃごちゃした街であること、
他の路線との接続がないこと、
急行停車駅でないことなど複合的な原因で、
安くなっているようです。
また、大井町、旗の台は意外にも高くないようです。
その他、特筆すべき家賃相場の傾向としては、
世田谷区エリアと同じく、アパートであることによる家賃低下が
大きいことが挙げられます。
また、駅からの距離による家賃低下が非常に大きいようです。
これは東急田園都市線東急東横線の渋谷の近くでも見られる傾向ですが、
このエリアのほうがより大きいようです。
これは、すぐ近くを走る路線が多いため、
駅からの距離が大きい部屋があまり存在しないこと、
とにかく通勤通学のためだけに住んでいる人が
多いことが原因だと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする