都営大江戸線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

都営大江戸線の家賃相場

都営大江戸線は東京都心をぐるりと一周する、
環状線みたいな形をした路線です。
ただし、実際にはループ状の運行をする列車はなく、
「6」の字状に運転されています。
災害対策などの理由により地下の非常に深いエリアを走っているため、
乗るためには非常に地下深く降りる必要がある駅が多く、
他の路線との乗り換えが不便な駅が多いです。
路線の詳しい情報はwikipediaをご覧ください。
地域としては、大きく四つに分けて分析を行いました。
都庁前〜上野御徒町までの北エリア
新御徒町〜汐留までの東エリア
汐留〜都庁前までの南エリア
都庁前〜光が丘までの西エリアです。

北エリア(都庁前〜上野御徒町)

都庁前からいったん北に出て、新宿西口を過ぎた先で右に折れ、東に向かいます。
その後は上野御徒町まで概ね東方向に向かいます。
このエリアは住宅街ですが大学も多いため、学生が多く住んでいるエリアです。
新宿西口で東京メトロ丸の内線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、JR中央線JR山手線、JR総武線、小田急小田原線京王線西武新宿線(西武新宿駅)と、
東新宿で東京メトロ副都心線と、
飯田橋で東京メトロ東西線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ南北線、JR総武線と、
春日で都営三田線東京メトロ丸の内線東京メトロ南北線と、
本郷三丁目で東京メトロ丸の内線と、
上野御徒町で東京メトロ銀座線東京メトロ日比谷線JR山手線JR京浜東北線と連絡します。
このエリアで家賃相場がもっとも高い駅は、ダントツで東新宿です。
1万円ほどの差があって2番手グループは高い順に、都庁前、新宿西口です。
4番手グループはさらに4000〜5000円ほどの差があって、
牛込神楽坂、飯田橋、本郷三丁目が来ます。
4番手グループ内での差はそれぞれ1000円ほどです。
残りの駅は高い順に、牛込柳町、上野御徒町、若松河田、春日となります。
こののグループ内での差もそれぞれ1000円程度です。
春日は他の路線も利用できる駅である割には非常に安くなっているようです。
逆に意外にも高いのが牛込神楽坂です。
この駅は周囲の駅に比べて物件数が少なく、多少希少価値があるため、
高くなっているのかもしれません。
この地域の特徴的なパラメータは、
経年による家賃下落幅が大きいことと、
アパートよりもマンションのほうが家賃が安くなっている点です。
これは、古いアパートと新しいマンションが
混在する地域であることを示しています。
学生が多い地域であるため、おそらく築15〜30年ほどの
アパート物件に対するニーズが衰えず、いまだに現役で稼働しているため、
新しい物件と混在した地域になっていると思われます。

東エリア(新御徒町〜汐留)

上野御徒町から先ももう少し東へ走ります。
隅田川を渡り、両国付近から南へ向かい、勝どき、築地を通り、汐留へ向かいます。
他の多くの地下鉄路線と違い、東京駅からはかなり離れた隅田川東岸を通るため、
この付近ではかなり重宝する南北方向の路線となっています。
上野御徒町で東京メトロ銀座線東京メトロ日比谷線JR山手線JR京浜東北線と、
新御徒町でつくばエクスプレスと、
蔵前で都営浅草線と、
両国でJR総武線と、
森下で都営新宿線と、
清澄白河で東京メトロ半蔵門線と、
門前仲町で東京メトロ東西線と、
月島で東京メトロ有楽町線と、
汐留でゆりかもめと連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は汐留です。
最も安い駅は両国です。
両国から遠ざかるにつれて家賃が下がる傾向にあります。
とはいえ、新御徒町から門前仲町までそれほど大きな差はありません。
月島から先は家賃相場が急激に上昇します。
ひと駅あたり3000〜5000円程度上昇します。
このような傾向を示す理由は、恐らく沿岸のほうが街が
新しく、整備されており住みやすいためだと思われます。
このエリアの特徴的なパラメータは、
駅からの距離による家賃下落幅が比較的小さいことです。
これは、このエリアでは他の地下鉄路線と直角に交差する駅が多いため、
駅からの距離が離れても、すぐ次の駅に近づくため、
距離による下落幅が少ないんだと考えられます。

南エリア(汐留〜都庁前)

このエリアでは、東京の名だたる高級住宅地を、南北方向に突き抜けます。
他には東西方向もしくは南西ー北東方向に走る路線しかないため、
他の路線の分析では不可能な比較が可能な路線です。
汐留でゆりかもめと、
大門で都営浅草線JR京浜東北線JR山手線、東京モノレールと、
麻布十番で東京メトロ南北線と、
六本木で東京メトロ日比谷線と、
青山一丁目で東京メトロ銀座線東京メトロ半蔵門線と、
国立競技場でJR中央線と、
代々木でJR中央線JR山手線と、
新宿でJR埼京線、JR湘南新宿ライン、JR中央線、JR総武線、JR山手線小田急小田原線京王線と連絡します。
このエリアで最も家賃が高いのは青山一丁目です。
青山一丁目は半蔵門線の分析でもエリアで一番家賃が高かったので、
恐らく日本で一番家賃が高い駅だと思われます。
あとは六本木、麻布十番と続きます。
家賃の高さでは青山一丁目と六本木がとびぬけています。
麻布十番と比較しても1万円以上高く、
他の駅と比較すると2万円近く(青山一丁目は2万円以上)高いです。
この路線で比較するとこのあたりの家賃の高さが非常に際立って見えます。
逆に安い駅は安い順に、国立競技場、代々木、新宿です。
青山一丁目と国立競技場は隣同士の駅であるのに、
最高と最低であるというのは非常に不可解です。
ただ、国立競技場は非常に物件数が少なく、
分析結果はあまり信用できない可能性が高いため、
このような結果になっているのかもしれません。
また、中央線の分析結果でも国立競技場の近くの信濃町駅も同様に
周囲の駅より比較的安めでした。
これは駅前に宗教団体の施設が多くあるためだったので、
同じ理由で国立競技場も安くなっているのかもしれません。
このエリアの家賃相場の特徴は、
アパートによる家賃下落がないどころか、
アパートのほうが家賃が高くなっている点です。
このエリアは古い町も多く、狭い土地にアパートが
立っているような物件も多いと思われます。
また、人気エリアであるため、古いアパートに対するニーズもあり、
家賃が高いため、かなりのリフォームを施して多角化している物件も多いでしょう。
それら複合的な原因により、アパートのほうが高いという結果が出ているようです。

西エリア(都庁前〜光が丘)

都庁前から光が丘までは主に住宅街を走ります。
山手線外に出てからもかなりの長距離にわたって地下を走ります。
光が丘周辺以外では他の路線と連絡したり並行に走るため、
この路線のみを最寄駅とする地域は意外に小さいと思われます。
中野坂上で東京メトロ丸の内線と、
東中野で総武線と、
中井で西武新宿線と、
練馬で西武池袋線、西武有楽町線、西武豊島線と、
豊島園で西武豊島線と連絡します。
このエリアで最も家賃が高いのは、都庁前です。
それ以降は都庁前から離れるにしたがって安くなります。
その傾向に当てはまらないのは中央線と連絡する東中野です。
それ以外の駅では例外はありません。
都庁前ー西新宿五丁目間で4万円ほどの差があるほかは、
ひと駅あたりおおむね2000〜4000円程度下落します。
このあたりの区間は主に通勤に利用される路線であることを考えると、
非常に妥当な結果です。
このエリアの家賃相場の特徴は、
郊外から都心への通勤路線である割には駅からの距離による家賃下落が小さい点です。
これはおそらく、他の路線と連絡したり、並行に走る地域が多いため、
駅から多少離れても他の駅に近づくため、
家賃がそれほど下落しないのが原因だと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする