小田急多摩線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

小田急多摩線の家賃相場

小田急多摩線は小田急線新百合ヶ丘駅から、
多摩市方面へ伸びる小田急電鉄の路線です。
東京メトロ千代田線と直通する列車も走っており、
都心へ通い、郊外に住む生活が実現しやすい路線なのかもしれません。
駅は、新百合ヶ丘を含めて8駅しかなく、
ほとんどの地域が新興住宅地であるため、
一人暮らし用のマンション、アパートはあまり多くないようです。
地域的には、大学が比較的多く立地しており、
大学生などが多く住んでいるようです。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
全ての駅をひとつのエリアと見て分析を行いました。

全線エリア(新宿〜経堂)

新百合ヶ丘を出て、すぐに丘を登ったあとは、
比較的新しい住宅地の中をずっと走ります。
栗平からはるひ野までは一人暮らし用のマンションアパートはほとんどなく、
ほとんどがファミリータイプの分譲マンションや一戸建てのようです。
小田急永山と小田急多摩センターには
駅前にお店が多数並んでいることもあり、
一人暮らし用の部屋もたくさんあるようです。
小田急永山と小田急多摩センターで京王相模原線と、
小田急多摩センターで、多摩モノレールと連絡します。
このエリアの家賃相場は、
駅ごとに様々な傾向を示しています。
高いのは、新百合ヶ丘、五月台、はるひ野、唐木田です。
安いのは、栗平、黒川です。
分析結果の誤差が大きいと考えられるので、
あまり詳細な分析は意味をなさないとは思いますが、
考えられる原因を述べます。
新百合ヶ丘は、小田原線であること、
五月台は駅前環境がよいこと、
はるひ野は誤差、唐木田も駅前環境がよいことが原因でしょうか。
栗平、黒川は、駅前に一人暮らしが生活するための店がそろっていないことによって、
安くなっているのかもしれません。
その他、特筆すべき家賃相場の傾向としては、
平米単価があまり高くないことが挙げられます。
この傾向は、田園都市線の横浜市内のエリアなどのような、
新興住宅地でファミリータイプの物件が多い地域で見られる傾向です。
地価があまり高くなく、部屋を広くしても、
それほどコスト増にならないため、このような傾向を示していると考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする