小田急江ノ島線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

小田急江ノ島線の家賃相場

小田急江ノ島線は相模大野から片瀬江ノ島までを結ぶ、
通勤や観光などに利用される路線です。
今回の家賃相場分析では、相模大野から藤沢までを対象としました。
江ノ電と接続する藤沢駅や江ノ島までいける片瀬江ノ島駅もあり、
土日は観光で利用する方も多いです。
相模大野から一貫して境川沿いを走る路線です。
途中には大和、藤沢などの繁華街もあり、
電車の本数も多いため周辺は結構にぎわっています。
高座渋谷駅前は再開発が行われ、非常に整備されてきており、
大変住みやすい町へと変貌したようです。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
相模大野〜藤沢までを全線エリアとして分析を行いました。

全線エリア(相模大野〜藤沢)

一大繁華街を擁する相模大野を出ると、
一挙にのどかな住宅街が広がります。
この雰囲気が藤沢まで概ね一貫して続くのが本路線の特徴です。
途中、連絡する路線は非常に多く、3駅に1つくらいの割合で、
都心まで出られる路線と接続するため、
通勤の利便性は高い路線だといえます。
中央林間駅で東急田園都市線と、
大和駅で相模鉄道と、
湘南台で横浜市営地下鉄ブルーライン相模鉄道いずみ野線
藤沢でJR東海道線、江ノ島電鉄線と連絡します。
この路線ではどちらに行けば家賃が高くなるなどの傾向はあまりありません。
恐らく、通勤先として都内と横浜の両方が射程距離に入る上、
途中で乗り換えることによって様々な経路が利用可能であるためでしょう。
この路線内で最も家賃が高いのは意外にも藤沢です。
続いて高いのは相模大野、湘南台、藤沢本町、中央林間です。
ほとんどの乗り換え駅は高くなっています。
藤沢本町が高い理由はまったくわかりません。
今後のリサーチが必要です。
大和は乗換駅の割には比較的安めです。
逆に安い駅は、南林間、鶴間、桜ヶ丘、高座渋谷です。
これらの駅は都心まで出られる乗換駅から遠いため、
安くなっていると考えられます。
とはいえあまり大きな差はありません。
その他、特筆すべき家賃相場の傾向としては、
駅からの距離による家賃下落があまり大きくないことが挙げられます。
これは都内や横浜などの遠方に通勤する方が少ないということが原因でしょう。
電車の混雑もあまり激しくなく、
住みやすい地域だということがうかがい知れます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする