小田急小田原線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

小田急小田原線の家賃相場

小田急小田原線は新宿からはるばる小田原までを結ぶ、
私鉄としては非常に遠距離を走る路線です。
東京都内では通勤路線として利用され、
神奈川県に入ると徐々に観光路線、生活路線としての性格を帯びていきます。
東京メトロ千代田線と代々木上原駅で相互乗り入れを行っています。
また、箱根登山鉄道鉄道線箱根湯本駅まで乗り入れる列車もあります。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、地域によってかなり特性が変わっています。
どの駅付近で特性が変わっているのかに注目して分析を行いました。
大きく5つのエリアに分割して分析しました。
新宿〜経堂までの都内エリア
経堂〜新百合ヶ丘までの郊外通勤エリア
登戸〜相模大野までの川崎多摩エリア
新百合ヶ丘〜本厚木までの町田相模原エリア
本厚木〜小田原までの湘南エリアです。

都内エリア(新宿〜経堂)

大ターミナル駅新宿を出ると、
明治神宮、代々木公園裏を通り、代々木上原に抜けます。
その後、若者の町下北沢を通り、その後は住宅街をひた走ります。
新宿でJR中央線東京メトロ丸の内線都営大江戸線などの多くの路線と、
代々木上原で東京メトロ千代田線と、
下北沢で京王井の頭線と、
豪徳寺で東急世田谷線と連絡します。
このエリアの家賃相場は、新宿から離れるにつれて下落する傾向にあります。
新宿からの距離の割に高いのは、南新宿、代々木八幡です。
南新宿は新宿からの距離も近く、利便性が高いため高くなっていると考えられます。
代々木八幡は、すぐそばに東京メトロ千代田線代々木公園駅があることや、
代々木公園が近いことで住環境がよいことなどにより高くなっているようです。
逆に安いのは、参宮橋です。
理由はよくわかりませんが、周囲があまり整備されておらず、
住環境があまりよくないのかもしれません。
また、下北沢も乗り換え駅の割には安いようです。
こちらも理由はよくわかりません。
その他、特筆すべき家賃相場の傾向としては、
平米単価が田園都市線と並んで非常に高くなっています。
また、駅からの距離による家賃低下もかなり大きいです。
つまり、通勤のために狭くても駅に近い部屋が好まれる地域のようです。
もうひとつ、特筆すべき家賃相場の傾向として、
アパートであることによる家賃低下が
群を抜いて非常に小さいことがあげられます。
他の路線の半分以下です。
これは、下北沢を中心としたエリアで、
古いアパート物件をうまくリフォームして
価値のある部屋として貸し出していることが原因でしょう。
古い住宅をどのようにうまく利用すればよいか
という参考になりそうな地域です。

郊外通勤エリア(経堂〜新百合ヶ丘)

経堂を過ぎ、狛江市に入るとだんだんと郊外の雰囲気になってきます。
そして、多摩川を渡ると登戸、向ヶ丘遊園付近の繁華街を通り、
生田の手前あたりから谷間を走ります。
この地域は主に住宅街で、繁華街といえる駅は向ヶ丘遊園くらいです。
登戸でJR南武線と、
新百合ヶ丘で小田急多摩線と連絡します。
家賃相場は、
新宿から離れるに従ってほぼ距離に比例して安くなります。
ただし、成城学園前と登戸、向ヶ丘遊園は少し高いようです。
成城学園前は、高級住宅街であることが原因でしょう。
登戸は乗換駅であること、
向ヶ丘遊園は駅の近くに繁華街があり、
生活に便利であることが原因だと考えられます。
意外だったのは新百合ヶ丘が意外に安い点です。
このエリアで一番安くなっています。
急行停車駅であるとともに、駅前には整備されているため、
ある程度高いと考えられるのですが、、意外です。
家賃相場の傾向としては、
ほとんどのパラメータが標準的な値を示しており、
あまり特徴的な地域ではないことが伺えます。
恐らく、新旧様々な地域が入り混じるエリアなのだと思われます。

川崎多摩エリア(登戸〜相模大野)

経堂を過ぎ、狛江市に入るとだんだんと郊外の雰囲気になってきます。
そして、多摩川を渡ると登戸、向ヶ丘遊園付近の繁華街を通り、
生田の手前あたりから谷間を走ります。
この地域は主に住宅街ですが、町田は大きな繁華街です。
登戸でJR南武線と、
新百合ヶ丘で小田急多摩線と、
町田でJR横浜線と、
相模大野で小田急江ノ島線と連絡します。
家賃相場は、
この地域でも、新宿から離れるに従って安くなる傾向があります。
ただし、乗換駅は比較的高くなっているようです。
また、郊外通勤エリアでの分析と同様に、
向ヶ丘遊園がそれなりに高いです。
駅前にある程度の規模の繁華街がある点や、
バスのターミナルである点により、高くなっていると考えられます。
玉川学園前は比較的安いようです。
学生が多いことから比較的安くなっているのかもしれません。
家賃相場の傾向としては、郊外通勤エリアと同様、
ほとんどのパラメータが標準的な値を示しており、
あまり特徴的な地域ではないことが伺えます。
ただし、平米単価は都内エリアと比較して半分以下、
郊外通勤エリアと比較しても75%程度と、安くなっています。

町田相模原エリア(新百合ヶ丘〜本厚木)

町田あたりまで来ると、都心へ通勤する人もだんだんと減り、
都心通勤圏とはまた別の性格の街が増えてきます。
町田、相模大野はその典型だと思われます。
駅前に大きなデパートがあるほか、周囲に繁華街が広がります。
また、その先には様々なタイプの住宅街が広がる街です。
相模大野を過ぎると、また新たな性格のエリアになります。
米軍基地が近くにあるためです。
このエリアの近くには座間や厚木に大規模な基地があり、
独特の雰囲気がある気がします。
新百合ヶ丘で小田急多摩線と、
町田でJR横浜線と、
相模大野で小田急江ノ島線と、
厚木でJR相模線と、
海老名で相模鉄道と連絡します。
家賃相場は、
このエリアでも、他のエリアと同様、
新宿から離れるに従って安くなる傾向があります。
ただし、乗換駅は比較的高くなっているようです。
また、厚木と本厚木は、新宿からの距離の割には高いようです。
周囲に繁華街などがあり、生活に便利であるためでしょう。
このように、都心からある程度離れてしまうと、
交通の利便性よりも、その駅前のお店の充実度などによって、
家賃相場が決まるようです。
家賃相場の傾向としては、郊外通勤エリアと同様、
ほとんどのパラメータが標準的な値を示しており、
あまり特徴的な地域ではないことが伺えます。
平米単価も川崎多摩エリアよりも多少安いようです。
ただし、駅からの距離による家賃下落は地域特性から考えるよりも、
結構大きいように思われます。
原因はよくわかりません。

湘南エリア(本厚木〜小田原)

本厚木を過ぎると、いわゆる田園風景交じりの住宅街が広がります。
大きな工場や大学などもあるエリアであり、
閑散とした感じではまったくありません。
新松田でJR御殿場線と、
小田原で東海道新幹線、JR東海道線
伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山鉄道と連絡します。
家賃相場は、
このエリアでも、他のエリアと同様、
新宿から離れるに従って安くなる傾向がありますが、
その差はあまり大きくないようです。
比較的高いのは本厚木と小田原です。
やはり大きな街であることが原因だと思われます。
特筆すべき、家賃相場の傾向としては、
駅からの距離による家賃下落が非常に小さいことが挙げられます。
他の路線と比較してもかなり安い部類に入ると思います。
これは、電車に毎日乗るような生活をしている人が
少ないことが原因だと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする