JR南武線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

JR南武線沿線の家賃相場

南武線は川崎市を東南ー北西方向に縦断し、
東京都稲城市、府中市などを通り立川まで続くJR線です。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、大きく三つに分けられます。
川崎〜武蔵溝ノ口あたりまでの川崎市街地エリア
武蔵溝ノ口〜府中本町あたりまでの住宅地エリア
府中本町〜立川までの東京エリア

川崎市街地エリア(川崎〜武蔵溝ノ口)

このエリアは川崎の市街地とはいえ、住宅も多く、
東京までの交通の便が良い駅も多々あります。
その代表はもちろん川崎。JR京浜東北線とJR東海道線が通り、東京都心まで抜群のアクセスを誇ります。
また、近年、駅のすぐそばにラゾーナができたこともあり、
大きく変貌を遂げつつあります。
次にアクセスが良いのが武蔵小杉。
近年、JR横須賀線の新駅ができたこともあり、東急東横線東急目黒線とあわせて都内へ非常に出やすい駅です。
このエリアで家賃相場がもっとも高い駅は、武蔵小杉です。2番目は川崎、
あとは向河原、平間と続きます。
川崎は意外と高くないようです。周りにあまり住宅が無いからでしょうか。
もしくは、あまり住環境が良くないのかもしれません。
3位の向河原は2位の川崎とはあまり変わらないようです。
向河原は横須賀線武蔵小杉駅と非常に近く、歩いて5分ほどの距離です。
そのため、意外にも家賃相場が高くなっているのかもしれません。
また、この地域は、駅から距離が離れても家賃はあまり下がらない傾向にあるようです。
原因は良くわかりません。今後調査をしていく予定です。

住宅地エリア(武蔵溝ノ口〜府中本町)

主に住宅地で形成されるエリアです。
大きな繁華街を持つ駅は武蔵溝ノ口くらいです。
武蔵溝ノ口には東急田園都市線東急大井町線、登戸には小田急小田原線
稲田堤には京王相模原線と都心への好アクセスを誇る路線との連絡があり、
住むに良し、通うに良しなエリアです。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は武蔵溝ノ口です。
次に、津田山、登戸、府中本町と続きます。
意外なのは津田山です。
丘に挟まれた谷間に位置する駅で、南側は墓地、北側は高級住宅街という駅です。
家賃相場が高くなってしまったのは、物件数が少ない(他の駅の1/5程度)事による
誤差だと考えてよいと思います。
他の駅は概ね順当です。
乗換駅や、周囲に住宅や商店などが多い駅が高くなっています。
また、川崎から遠ざかるほど徐々に安くなっていく傾向にあります。

東京エリア(府中本町〜立川)

このエリアも主に住宅地で形成されるエリアです。
こちらも立川をのぞけば大きな繁華街は無い地域です。
府中本町には東京競馬場があり、土日には顔色が一変する街でもあります。
都心へ出る路線とは、分倍河原で京王線、立川で中央線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は府中本町です。
次に谷保、立川と続きます。
立川は意外と安いですね。
川崎と同じように繁華街の駅は意外と家賃相場が安いのかもしれません。
あと、意外にも分倍河原も安いようです。
京王線の準特急が止まる駅でもあるため、交通の便は良いはずですし、
駅前には小規模とはいえ、ショッピングセンターがあるにもかかわらずです。
穴場的な存在なんでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする