都営三田線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

都営三田線の家賃相場

都営三田線は目黒からから大手町を通り、巣鴨を抜け、
板橋区高島平方面へ走る地下鉄路線です。
目黒から先は東急目黒線と直通運転を行っています。
目黒から白金高輪までは東京メトロ南北線と並行して走ります。東京メトロ南北線とは経路が非常に似ており、
異なるのは都心部で皇居の東側を通るか、西側を通るかという点と、
路線の南側エリアで南北線よりも海側のビジネス街を走っているため、
住宅地が少ないという点くらいです。
詳しい説明はwikipediaをご覧ください。
エリアは賃貸物件がほとんどない日比谷と、
山手線の駅である巣鴨を境目に3つのエリアに分けました。、
目黒〜日比谷までの南エリア
日比谷〜巣鴨までの北エリア
巣鴨〜西高島平までの板橋エリアです。

南エリア(目黒〜日比谷)

目黒から白金高輪までは南北線と並行して走ります。
白金高輪を過ぎたあたりで南北線と別れ、海側へ進路をとり、
三田で京浜東北線と接近したのち北へ向かいます。
そのまま日比谷大手町方面へ向かいます。
南北線より住宅街を走る区間が短く、
三田以降はほぼビジネス街で賃貸住宅もあまり多くはありません。
目黒でJR山手線東急目黒線と、
三田で都営浅草線と、
日比谷で東京メトロ日比谷線東京メトロ千代田線、東京メトロ有楽町線、JR山手線JR京浜東北線と連絡します。
このエリアで家賃が最も高い駅は白金台です。
あとは、御成門、内幸町、白金高輪と続きます。
これら4駅はほとんど差はありません。
目黒と三田はほぼ同額で本エリアの中で最も安い駅です。
白金台と比較して8000円程度安くなっています。
目黒と三田は山手線などに乗り換えが可能である割には安くなっています。
これはこのエリアに住む方が、駅の利便性が高いか否かより、
住環境の良さを重視しているということが原因だと考えられます。
この地域の家賃相場の特徴的なパラメータは、
アパートーマンション間の家賃差が非常に大きいことです。
これは時々都心でみられる傾向ですが、
原因はおそらく古いアパートが格安で募集されていることが原因でしょう。
恐らく再開発が進んでいないエリアなどの古い物件が残っているんだと思われます。

北エリア(日比谷〜巣鴨)

皇居沿いを過ぎると、北西に進路をとり、一路巣鴨へ向かいます。
東京ドームシティを過ぎたあたりから一挙に住宅街になります。
またこのエリアは大学が多い地域でもあるため、学生が多く住んでいます。
日比谷で東京メトロ日比谷線東京メトロ千代田線、東京メトロ有楽町線、JR山手線JR京浜東北線と、
大手町で東京メトロ丸の内線、東京メトロ東西線、東京メトロ千代田線東京メトロ半蔵門線
東海道新幹線、東北新幹線、JR中央線JR山手線JR京浜東北線JR東海道線、JR総武線、JR横須賀線、JR京葉線と
新保町で都営新宿線、東京メトロ半蔵門線と、
春日で都営大江戸線東京メトロ丸の内線東京メトロ南北線と、
巣鴨でJR山手線と連絡します。
このエリアで家賃が最も高い駅は、新宿三丁目です。
あとは赤坂見附、国会議事堂前、新宿御苑前、新宿の順で高くなっています。
逆に安い駅は霞が関、四谷三丁目、四ツ谷の順です。
霞が関、国会議事堂前、新宿御苑前は物件の数が少ないため、
あまり意味のある数字ではありませんのでそれらを除外して
考えたほうが良いと思いますが、それでもあまり法則性はないようです。
新宿三丁目、赤坂見附は乗換駅であるため高いようです。
新宿はあまりに巨大なターミナルであるため、駅のそばの物件自体が少なく、
結果的に安く見えているだけだと思われます。
このエリアの特徴的なパラメータは、
アパートであることによってマンションよりむしろ家賃が高くなっている点です。
これは他の地域ではまず見られない逆転現象です。
物件自体が少ない駅が多いこと、物件数が非常に偏っていることなどにより、
異常な数値が出ている可能性が大きいですが、原因は定かではありません。

板橋エリア(巣鴨〜西高島平)

巣鴨を過ぎるとあとはずっと住宅街が続きます。
巣鴨を過ぎた直後こそいくつかの路線と交差または近接して走りますが、
新板橋を過ぎたあたりからは板橋区の当地域唯一の路線として、
西高島平まで走ります。
西台あたりから西高島平までは非常に区画整理された、
大規模団地(マンション)が多く立ち並ぶエリアです。
巣鴨でJR山手線と、
西巣鴨で都電荒川線と、
新板橋でJR埼京線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、巣鴨です。
あとは西巣鴨、新板橋と続きます。
このエリアの家賃相場は非常に単純で、
巣鴨から離れれば離れるほど安くなる傾向にあります。
新板橋まではひと駅あたり4000円前後、それ以降は
ひと駅あたりおおむね1000〜2000円程度安くなっているようです。
例外と言える例外は西高島平が少し高いようです。
上記傾向から考えると5000円ほど高くなっています。
始発駅であるため、通勤通学するのに都合がよく、
高くなっているようです。
このエリアの家賃相場の特徴は、駅からの距離による家賃下落幅が小さいことです。
これはこのエリアに都心へ通勤するファミリー層が多く住んでいることを意味します。
駅からの距離だけでなく、住環境なども重視する方が多いため、
距離による家賃下落幅が小さくなっていると考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする