東急目黒線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東急目黒線の家賃相場

東急目黒線は目黒駅と日吉駅を結ぶ路線です。
約半分の区間で東急東横線と路線を共有します。
目黒より先は都営三田線東京メトロ南北線と直通運転をしています。
ラッシュ時も東横線と比べてそれほど混雑せず、
川崎から都心へ出るのに非常に重宝する路線です。
目黒線という名前ですが、主に世田谷区、品川区を走ります。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、全線を一つの区間として分析を行いました。

全線エリア(目黒〜日吉)

目黒を出ると、品川区と目黒区の境界沿いに大岡山まで走ります。
この辺りは主に住宅街で、目立つランドマークもほとんどありません。
駅前にも大きな商業施設はほとんどありません。
目黒でJR山手線東京メトロ南北線都営三田線と、
大岡山で東急大井町線と、
多摩川で東急多摩川線と、
武蔵小杉でJR南武線、JR横須賀線、JR湘南新宿ラインと、
日吉で横浜市営地下鉄グリーンラインと連絡します。
このエリアの家賃相場は、目黒に近づくにつれて、
概ね上昇していく傾向にあります。
最も高い駅は目黒で、あとは不動前、奥沢と続きます。
目黒と不動前の差は12000円程度、不動前と奥沢は2000円程度です。
目黒からの距離の割に高い駅は、
大岡山、奥沢、田園調布です。
大岡山は東急大井町線との乗換駅であるため、高いようです。
奥沢は乗換駅でも、急行停車駅でもないですが、東急大井町線東急東横線の駅である自由が丘駅からほど近く、
そちらの影響を受けて高くなっているようです。
田園調布は、シングル向けの物件はあまり多くないようですが、
きれいに整備された町で住みやすいため、高くなっているようです。
他のサイトの平均家賃で田園調布の家賃が非常に低くなっているのは、
この町が開発された当初に建てられた古いアパートが多く、
それらの家賃が安いためだと考えられます。
また他の路線と同じく、多摩川を渡り
神奈川県に入ると家賃相場ががくんと下がります。
家賃相場が最も安い駅は元住吉で、日吉、武蔵小杉と続きます。
このエリアの特徴的な家賃相場のパラメータは、
駅からの距離による家賃下落率が非常に大きいことです。
これは東急東横線東急田園都市線を上回ります。
本路線は都内へのアクセスが非常に良いうえ、
それほどおしゃれな街というイメージもありません。
そのため純粋に通勤通学のために住む方が多く、
駅近の物件が好まれているのだと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする