都営浅草線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

都営浅草線の家賃相場

都営浅草線は、大田区の西馬込から、
東京スカイツリーの足元、墨田区の押上駅までを結ぶ地下鉄路線です。
途中、銀座周辺を通るなど通勤に便利な路線であるにもかかわらず、
混雑率は意外と低い路線のようです。
東京スカイツリーの完成後は、浅草と並んで
一大観光地となることが予想され、
その両方へアクセスできる路線として、重宝しそうです。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、下記の二つに分けました。
西馬込〜新橋までの南エリア
新橋〜押上までの北エリアです。

南エリア(西馬込〜新橋)

大田区西馬込を出発してから高輪台あたりまで、
ずっと国道1号線の下を走ります。
このあたりの地域は道路沿いを含めてほとんど住宅街です。
道路の両脇に高いマンションがずっと立ち並んでいます。
高輪台を過ぎたあたりから徐々にビジネス街に入ります。
新橋は東側は近代ビジネスビル群、西側は古くからの繁華街という
二つの性格を併せ持つ街でビジネスマンの聖地と呼ばれることもあります。
中延で東急大井町線と、
五反田でJR山手線東急池上線と、
泉岳寺で京急本線と、
三田で都営三田線と、
大門で都営大江戸線と、
新橋でJR山手線JR京浜東北線、JR横須賀線、JR東海道線
ゆりかもめ、東京メトロ銀座線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は新橋です。
あとは、新橋から大きく下がって、高輪台、大門、泉岳寺と続きます。
山手線内と山手線外で10000〜15000円程度の差があります。
五反田は山手線の駅であり、かつ複数路線の乗換駅であるにもかかわらず、
他の山手線内の駅よりも若干安いようです。
西馬込ー五反田間は五反田に近づくほど
ひと駅あたり3000〜5000円程度上昇するようです。
特筆すべき家賃相場の傾向としては、
経年による家賃下落率が高いことが挙げられます。
これは首都圏の路線でもトップクラスの数字です。
この原因はおそらく、非常に古くからの路線で、
古いマンションなどが非常に多いものの、
古い建物は敬遠される傾向にあるためでしょう。
つまり、都心に通勤するある程度若い人が
通勤しやすい路線として多く住んでいると考えられます。

北エリア(新橋〜押上)

こちらのエリアは非常に特徴的な地域です。
新橋付近のビジネス街をとおり、銀座付近に繁華街があり、
古くからの観光名所である浅草を抜け、
新しい観光スポットである押上に至ります。
おそらく地域ごとにそれぞれ特徴はあるとは思いますが、
ここでは計算上の都合ですべてを一緒に分析を行いました。
新橋でJR山手線JR京浜東北線、JR横須賀線、JR東海道線
ゆりかもめ、東京メトロ銀座線と、
東銀座で東京メトロ日比谷線と、
日本橋で東京メトロ銀座線、東京メトロ東西線と、
人形町で東京メトロ日比谷線と、
浅草橋でJR総武線と、
蔵前で都営大江戸線と、
押上で京成押上線、東京メトロ半蔵門線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、やはり新橋です。
あとは、東銀座、宝町、日本橋と続きます。
新橋から離れるにしたがって、安くなる傾向があります。
新橋ー東銀座間は4000円程度、東銀座ー宝町間は15000円程度、
それ以降はひと駅あたり2000〜5000円程度下落していきます。
最も家賃相場が安い駅は、本所吾妻橋です。
浅草、本所吾妻橋、押上は差は数百円程度なのでほぼ同じ水準と考えてよいでしょう。
特筆すべき家賃相場の傾向としては、
駅からの距離による家賃下落率が非常に大きいことが挙げられます。
このエリアは他の路線と非常に接近して走っている区間が多いため、
下落率は小さくなるはずですが意外な結果です。
後半の浅草周辺が大きく反映されてこのような結果になっているのかもしれません。
別途調査が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする