東京メトロ丸の内線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東京メトロ丸の内線の家賃相場

東京メトロ丸の内線は池袋から東京を通り、
新宿を通過して荻窪まで伸びる半環状になっている地下鉄路線です。
東京の地下鉄の中でも古い部類に属しているため、
地表近くを走り、地上の路線などとの乗り換えも比較的楽な路線です。
詳しい説明はwikipediaをご覧ください。
エリアは賃貸物件がほとんどない霞が関と、
大ターミナル駅である新宿を境目に3つのエリアに分けました。、
池袋〜霞が関までの北エリア
霞が関〜新宿までの南エリア
新宿〜荻窪までの西エリアです。

北エリア(池袋〜霞が関)

池袋から都心まではまさに住宅街という街を走ります。
大学なども多く、学生もある程度多く住んでいる街でもあるようです。
都心では大手町から霞が関、永田町へと抜けるルートをとるため、
通勤路線としても非常に便利だと思われます。
池袋でJR山手線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、東京メトロ有楽町線、東京メトロ副都心線
西武池袋線、東武東上線と、
後楽園で東京メトロ南北線都営三田線都営大江戸線と、
本郷三丁目で都営大江戸線と、
お茶の水でJR中央線、JR総武線と、
淡路町で東京メトロ千代田線、都営新宿線と、
大手町で東京メトロ東西線、東京メトロ千代田線東京メトロ半蔵門線都営三田線と、
東京でJR山手線JR京浜東北線JR東海道線、JR横須賀線、JR京葉線、JR中央線
東海道新幹線、東北新幹線と、
銀座で東京メトロ銀座線東京メトロ日比谷線と、
霞が関で東京メトロ日比谷線東京メトロ千代田線と連絡します。
このエリアで家賃が最も高い駅は銀座です。
あとは、大手町、東京、お茶の水、霞が関と続きます。
ただし、大手町と霞が関は物件自体がほとんどないため、
あまり意味のある数字ではなさそうです。
銀座はとびぬけて高くなっています。
都心の繁華街で働く人たちが多く住んでいるため、高くなっていると考えられます。
東京、お茶の水とは12000円程度の差があります。
他の駅の傾向は、東京から離れるにしたがって安くなる傾向にあります。
ひと駅ごとに約3000〜5000円程度下落するようです。
山手線の駅である池袋も意外にもそれほど高くなく、
東京などと比べると10000円以上安くなっています。
隣の新大塚より2000円ほど高いだけです。
この地域の家賃相場の特徴的なパラメータは、
平米単価が山手線内としては非常に安くなっていることです。
やはり山手線内でも中央線より北側はかなり家賃相場が安いようです。
東京という都市は年を経るごとに徐々に南西方面へ発展しているようです。
もしそうであるとすれば、家を買うなら南西地域、
借りるなら北東地域が良いでしょう。

南エリア(霞が関〜新宿)

霞が関を過ぎると、国会議事堂のそばを通り、四ツ谷に抜けます。
その後は新宿通り沿いに新宿まで一直線です。
四ツ谷までの区間は国会議事堂や迎賓館などの大型施設があるため、
賃貸住宅は非常に少なくなっています。
霞が関で東京メトロ日比谷線東京メトロ千代田線と、
国会議事堂前で東京メトロ千代田線東京メトロ銀座線東京メトロ南北線と、
赤坂見附で東京メトロ銀座線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ半蔵門線東京メトロ南北線と、
四ツ谷で東京メトロ南北線JR中央線と、
新宿三丁目で東京メトロ副都心線、都営新宿線と、
新宿で都営大江戸線JR山手線JR中央線、JR総武線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、小田急小田原線京王線と連絡します。
このエリアで家賃が最も高い駅は、新宿三丁目です。
あとは赤坂見附、国会議事堂前、新宿御苑前、新宿の順で高くなっています。
逆に安い駅は霞が関、四谷三丁目、四ツ谷の順です。
霞が関、国会議事堂前、新宿御苑前は物件の数が少ないため、
あまり意味のある数字ではありませんのでそれらを除外して
考えたほうが良いと思いますが、それでもあまり法則性はないようです。
新宿三丁目、赤坂見附は乗換駅であるため高いようです。
新宿はあまりに巨大なターミナルであるため、駅のそばの物件自体が少なく、
結果的に安く見えているだけだと思われます。
このエリアの特徴的なパラメータは、
アパートであることによってマンションよりむしろ家賃が高くなっている点です。
これは他の地域ではまず見られない逆転現象です。
物件自体が少ない駅が多いこと、物件数が非常に偏っていることなどにより、
異常な数値が出ている可能性が大きいですが、原因は定かではありません。

西エリア(新宿〜荻窪)

新宿を過ぎると西新宿のビル街を抜け、古い住宅街に入ります。
終点の荻窪まで一貫して住宅街を走ります。
途中、中野坂上で方南町方面へ向かう支線と別れますが、
今回の分析ではこの支線は対象外としました。
新宿で都営大江戸線JR山手線JR中央線、JR総武線、JR埼京線、JR湘南新宿ライン、小田急小田原線京王線と、
中野坂上で都営大江戸線と、
荻窪でJR中央線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、西新宿です。
そのあとは、新宿、中野坂上と続きます。以降はほとんど家賃差はありません。
ただし、荻窪だけが他の駅より2000円ほど安くなっています。
これはおそらく中央線はラッシュ時に非常に混雑するため、
都心に通勤する人にとって中央線に乗れることが
あまりメリットとなっていないためだと考えられます。
西新宿と新宿の差は10000円ほど、新宿と中野坂上との差は14000円ほど、
中野坂上と他の駅との差は2000〜3000円ほどです。
このエリアの家賃相場の特徴は、あまりありません。
平米単価などのパラメータは丸の内線の北エリアとほぼ同等です。
都心までの距離の割には高くなっており、
南西側の人気の高さがうかがえる結果となっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする