京王相模原線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

京王相模原線の家賃相場

京王相模原線は調布から橋本までを結ぶ、ニュータウン内を走る路線です。
調布を出てから稲城あたりまでは古い町を走りますが、
稲城を過ぎてから様相が一変し、まさに
ニュータウンといった雰囲気の街をひた走ります。
また、終点手前の多摩境から町田市に入り、
ここでもまた一挙に雰囲気が変わり、
ニュータウンといった雰囲気ではなくなります。
ニュータウン内から都心へ通う人も多く、
通勤路線として利用されているようです。
また、各駅周辺ではいまだに開発が継続中の場所も多く、
人口が徐々に増えている地域のようです。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
調布〜橋本までを全線エリアとして分析を行いました。

全線エリア(調布〜橋本)

古い街、新しい地域、学生の町が入り混じる調布駅をでると、
京王線とは直角に南に進み、多摩川を渡り、神奈川県川崎市に入ります。
京王稲田堤で南武線と連絡し、その後稲城市に入ります。
稲城市を過ぎたあたりからここ20年ほどで開発の進んだニュータウンに入る。
この地域には大学などもあり、学生の多い街であるとともに、
都心へ通う通勤客も多く、多様な年齢層の住人がいるようです。
京王稲田堤駅でJR南武線と、
京王永山で小田急多摩線と、
京王多摩センターで多摩モノレール、小田急多摩線と、
橋本でJR横浜線JR相模線と連絡します。
この路線の家賃相場の傾向としては、
調布から離れるに従ってだんだん安くなる傾向にあります。
そのような傾向から見て少し高い値を示しているのは、
京王多摩センターと南大沢です。
これらの駅は駅前に一大商店街を擁し、
生活に必要なものが駅前で何でもそろう環境にあるため、
比較的高くなっていると考えられます。
逆に安くなっているのが多摩境です。
この周辺は古い町で、ニュータウンという雰囲気が無く、
駅前に充実した商店街が無いため安いと考えられます。
調布駅と京王多摩川は他の駅と比較手しても、
かなり高くなっています。
これは住所が東京都であることによるものだと考えられます。
家賃相場の傾向から見ると東京都であることによって、
3000〜4000円程度は高くなっているようです。
その他、特筆すべき家賃相場の傾向としては、
駅からの距離による家賃下落があまり大きくないことが挙げられます。
この傾向は古い街や学生の多い街に見られる傾向です。
このエリアに学生が多いことを示しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする