京急本線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

京急本線の家賃相場

京急本線は品川を起点として浦賀まで、
おもに東京湾沿いを走る路線です。
横浜、横須賀方面からの通勤に利用されるだけでなく、
休日には観光用にも便利な路線です。
起点は品川ですが、北方向に一駅、泉岳寺まで伸びています。
泉岳寺以北も京成線と乗り入れるなどして
成田空港周辺まで直通している電車もあります。
詳しくはwikipediaをご覧ください。
今回は泉岳寺から浦賀までを分析対象としました。
地域としては、大きく四つに分けて分析を行いました。
泉岳寺〜京急川崎までの都内エリア
京急川崎〜横浜までの横浜川崎エリア
横浜〜金沢文庫までの港南エリア
金沢文庫〜浦賀までの横須賀エリアです。

都内エリア(泉岳寺〜京急川崎)

都営浅草線と連絡する地下駅である泉岳寺から出発し、
一大ターミナル駅である品川を通った後は、
非常に古くからの工場地帯である大田区を通り、川崎まで行きます。
この辺りはほぼ第一京浜沿いに走ります。
京急蒲田周辺では京急空港線などとも交差し、渋滞の名所となっていましたが、
近年高架化が進み、徐々に渋滞は解消の傾向にあるようです。
泉岳寺で都営浅草線と、
品川でJR山手線JR京浜東北線、JR横須賀線、JR東海道線
京急蒲田で京急空港線、
京急川崎で京急大師線と、
東海道新幹線と連絡します。
このエリアで家賃相場がもっとも高い駅は、泉岳寺です。
次に品川、北品川と続きます。
その後はほぼ一定して品川から遠ざかるにつれて下落していきます。
その傾向から外れて少し高いのは、大森海岸、京急蒲田、京急川崎です。
京急蒲田や京急川崎は京浜東北線の駅とも近いうえ、乗換駅でもあるため高いと思われます。
大森海岸も乗換駅ではありませんが、京浜東北線大森駅と近く、
住環境もそこそこ良いため高くなっているんだと考えられます。
逆に安い駅は梅屋敷です。
この駅は品川からの距離の割には安くなっています。
原因はおそらく住環境だと思われます。
駅前にスーパーなどの生活必需店が少ないようです。
このエリアの家賃相場パラメータの特徴は、
平米単価が高めの割には、駅からの距離による家賃下落が意外と小さいことです。
これはこの路線が、京浜東北線などと非常に接近して走っており、
またその反対側には海があることにより、
駅からの距離が大きい物件は概ね京浜東北線の駅に近い場合が多く、
それらの物件では家賃が高めになるということが原因のようです。

横浜川崎エリア(京急川崎〜横浜)

京急川崎から横浜までは京浜東北線と
ほとんどの区間で完全に並んで走ります。
地形的な理由によりだとは思いますが、
国道一号線、第一京浜なども同様に並行して走る区間もあり、
まさに交通の要衝といった地域です。
また、海側には一大工場地帯が広がり、
その工場に勤務する方が多く住む地域でもあります。
京急川崎で京急大師線と、
八丁畷で南武支線浜川崎線と、
横浜でJRでは横浜線東海道線、横須賀線、東急東横線みなとみらい線横浜市営地下鉄ブルーライン相鉄本線と連絡します。
このエリアで家賃が最も高い駅は、横浜です。
続いて、京急川崎、仲木戸、八丁畷と続きます。京浜東北線では川崎のほうが横浜より高かったんですが、
こちらでは横浜のほうが高いようです。
差は大きくありませんが、JR川崎駅が南武線東海道線が使えるのに対し、
京急川崎駅は主に京急本線しかなく、利便性に差があることが原因かもしれません。
また、駅が家賃がより安い海側に所在していることも原因の一つでしょう。
他の駅は両端にから離れるにつれて下落する傾向にあります。
これは、都内に通う人だけでなく、横浜駅周辺で働くか、
横浜で乗り換えて他の地域に通勤通学する方が多いことが原因だと考えられます。
このような傾向は東急東横線の武蔵小杉〜横浜間でも見られた傾向です。
京急鶴見や仲木戸では京浜東北線の駅とも近いため、
比較的家賃が高くなっているようです。
このエリアの特徴的な家賃相場パラメータは、
平米単価がそれほど高くない割には、経年による家賃下落が大きいことです。
その割には、アパートであることによる家賃下落は比較的小さいようです。
考えられる原因としては、
数十年前に整備された鉄筋コンクリート造の建物が多く残っているが、
建物や内装の仕様が古いため敬遠される傾向にあるという可能性があります。
ただしこれはただの予測でしかないので、
今後詳細な調査が必要です。

港南エリア(横浜〜金沢文庫)

横浜を過ぎると、横浜の古い市街地を通ります。
このあたりからは横浜市営地下鉄ブルーラインと並行して走ります。
そのままブルーラインと上大岡まで並行して走り、上大岡で連絡します。
上大岡を過ぎるとまた海沿いに戻り、工場地帯の近くを通りながら、
金沢文庫に至ります。
横浜でJRでは横浜線東海道線、横須賀線、東急東横線みなとみらい線相鉄本線
上大岡と横浜の両方で横浜市営地下鉄ブルーラインと、
連絡します。
このエリアで家賃が最も高い駅は、横浜です。
その後は日ノ出町、戸部、黄金町と続きます。
傾向としては横浜から離れるにつれてだんだんと安くなります。
その傾向からずれて高い駅は、上大岡、金沢文庫です。
上大岡は地下鉄との乗換駅であることが原因です。
金沢文庫は駅前に商店が充実しているとは言えませんが、
町全体が整備されており、おそらく住みやすい街となっていることや、
始発となっている電車が多いことも原因でしょう。
このエリアの家賃相場のパラメータの特徴は、
経年による家賃下落率が大きいことです。
おそらく、古い横浜の市街地の周辺で、
それなりに安い物件に対するニーズがあるため、
古い物件が安く貸されているという状態が原因だと考えられます。

横須賀エリア(金沢文庫〜浦賀)

金沢文庫以降も海沿いを走ります。
横須賀の中心部周辺には米軍や自衛隊などの
軍事施設があり、その近くを通ります。
おそらくそのような施設に勤務する方も多く住む地域でしょう。
また、三浦半島は観光地ということもあり、
土日には観光目当ての利用者が多くなります。
堀之内からは京急久里浜線が出ており、
本線よりむしろこちらのほうがメインの路線となっています。
このエリアで家賃が最も高い駅は、金沢文庫です。
あとは、横須賀中央、金沢八景、県立大学と続きます。
金沢文庫は都内へ出るための始発の電車が多いため高くなっています。
また、金沢八景はシーサイドラインとの乗換駅であるため、
多少高くなっているようです。
横須賀中央と県立大学は横須賀の中心部で市街地内にある駅であるため、
高くなっているようです。
逆に安い駅は京急田浦、安針塚です。
これらの駅は、周囲の他の駅と比較しても5000円ほど安いようです。
おそらく、都内へ出るには遠すぎ、
横須賀の中心部からも離れすぎているため、
シングルのユーザが少ないということが原因だと考えられます。
このエリアの家賃相場の特徴的なパラメータは、
アパートによる家賃下落が小さいことと、
経年による家賃下落率が小さいことです。
これは横須賀という古い街に、古くからのアパートが多く残っており、
これらに対するニーズがある程度あることを示しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする