京王井の頭線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

京王井の頭線の家賃相場

京王井の頭線は渋谷と吉祥寺を結ぶ、
都内でも非常に人気が高い路線です。
渋谷に直結しているということだけでなく、
中央線、京王線、小田急線の相互乗換のための重要な路線でもあります。
吉祥寺には井の頭公園、駒場東大前には東大教養部など、
距離が短い割には比較的目立つ施設が多い路線でもあります。
また、駅前に大きな商業施設がある駅は渋谷と吉祥寺のみで、
他の駅の周辺には大きなビルすらほとんどありません。
主に杉並区、世田谷区を走ります。
路線の詳細な情報はwikipediaをご参照ください。
地域としては、全線を通して似たような雰囲気ですが、
分析の都合上下記の二つに分けました。
渋谷〜明大前までの世田谷区エリア
明大前〜吉祥寺までの杉並区エリアです。

世田谷区エリア(渋谷〜明大前)

大ターミナル駅である渋谷駅を出ると、
トンネルなどを通り、駒場東大前に出ます。
その後はおしゃれな若者の街、下北沢を抜け、明大前に至ります。
渋谷で東急東横線東急田園都市線JR山手線、JR湘南新宿ライン、JR埼京線、東京メトロ銀座線東京メトロ半蔵門線、東京メトロ副都心線と
下北沢で小田急小田原線と、
明大前で京王本線と連絡します。
このエリアの家賃相場は渋谷から遠ざかるにつれて急速に下落します。
渋谷ー神泉で9000円ほど、神泉ー駒場東大前で7000円ほど、
その後もひと駅で2000円〜4000円程度下落し、明大前で少し上昇します。
これは渋谷へ出る通勤客が多いためです。
下北沢は小田急線の分析でもあったように、
家賃相場はあまり高くないようです。
特筆すべき家賃相場の傾向としては、
平米単価が非常に高いということが挙げられます。
これは山手線内の中央線と同程度のレベルであり、
山手線の外の路線としてはかなり高いと言えます。
エリアのほとんどが古くからの街であるため、
広い物件が不足しているということが原因の一つかもしれません。
また、アパートとマンションの家賃差が非常に小さいことも特徴の一つです。
おそらく都内でも指折りの小ささだと思われます。
これは、古いアパートをおしゃれにリフォームした物件が
非常に多いためだと思われます。

杉並区エリア(明大前〜吉祥寺)

こちらのエリアも世田谷区と似たような雰囲気です。
途中大きな乗換駅もなく、繁華街もなく、住宅街が広がります。
吉祥寺の駅の手前にある井の頭公園は、都内でも有数の非常に大規模な公園で、
ジブリ美術館などもあり、非常に有名です。
明大前で京王本線と、
吉祥寺でJR中央線、JR総武線と連絡します。
このエリアで最も家賃相場が高い駅は、明大前です。
その後は、吉祥寺、井の頭公園、永福寺と続きます。
差はあまり大きくなく、明大前と永福寺で3000円程度の差です。
それ以外の駅は概ね同程度のの相場です。
特筆すべき家賃相場の傾向としては、
世田谷区エリアとは打って変わって、
アパートとマンションによる価格差が非常に大きいことが挙げられます。
世田谷区エリアでは古いアパートがある程度人気があるようですが、
こちらのエリアではとにかくマンションが好まれ、
古いアパートは敬遠される傾向にあるようです。
同じ路線内の隣接区間でこれほどまでの差が出るのは非常に珍しいことですので、
追って現地調査などをする必要がありそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする