東京メトロ日比谷線周辺の賃貸情報|適正家賃.com

東京メトロ日比谷線の家賃相場

東京メトロ日比谷線は、西側を東急、東側を東武鉄道と相互乗り入れする路線で、
都心へ通勤する非常に重要な路線の一つです。
建設されたのは地下鉄の中でも比較的古く、
地下の浅いところを走っている部分が多く、比較的使いやすい路線です。
詳しい説明はwikipediaをご覧ください。
エリアは西から都心に至るまでのエリア、
都心内を走るエリア、都心から東に離れるエリアの3つに分けました。
中目黒〜日比谷までの西エリア
日比谷〜秋葉原までの東エリア
秋葉原〜北千住までの北エリアです。

西エリア(中目黒〜日比谷)

東急東横線と直通で中目黒から日比谷線に入ります。
六本木手前くらいまではおおむね住宅街が多く、
目立つランドマークなどはあまりありません。
六本木あたりから繁華街、ビジネス街、官庁街を通り、日比谷に至ります。
このエリアは都心を走る地下鉄としては、
他の路線と連絡する駅が比較的少ない気がします。
中目黒で東急東横線と、
恵比寿でJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインと、
六本木で都営大江戸線と、
霞が関で東京メトロ丸の内線東京メトロ千代田線
日比谷で東京メトロ千代田線、東京メトロ有楽町線、都営三田線JR山手線JR京浜東北線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、六本木です。
あとは、恵比寿、神谷町、広尾と続きます。
やはりこのエリアは非常に高くなっているようです。
逆に安いのは、物件自体がほとんどありませんが、霞が関、日比谷です。
この地域の家賃相場のパラメータは、
非常に特徴的な数値を示しています。
駅からの距離による家賃下落が非常に大きく、
他の比較的大きい路線の2〜3倍程度もあります。
また、経年による家賃下落も他の比較的大きい路線の1.5倍はあります。
つまり、このエリアは近年都心へ通勤する方に
非常に人気が高いエリアとなっており、
どんどん新しい物件が立っているエリアだということだと思われます。
特にこのエリアや路線に住みたいという方でなければ、
家賃が高くなってしまいがちなのであまりお勧めできないようです。

東エリア(日比谷〜秋葉原)

日比谷を過ぎると、山手線をくぐり、銀座や築地方面を通ります。
その後進路を北に変え、東京駅東側を通り、秋葉原に至ります。
東京駅の東側を南北に走る地下鉄路線は複数ありますが、
その中でも最も東側、海側を走る路線です。
このエリアは思いのほか住宅が多いエリアとなっています。
日比谷で東京メトロ千代田線、東京メトロ有楽町線、
都営三田線、JR山手線JR京浜東北線と、
銀座で、東京メトロ銀座線東京メトロ丸の内線と、
東銀座で都営浅草線と、
八丁堀でJR京葉線と、
茅場町で東京メトロ東西線と、
人形町で都営浅草線と、
秋葉原でJR山手線JR京浜東北線、総武線、
つくばエクスプレス、都営新宿線と連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は銀座です。
あとは、日比谷、東銀座、と続きます。
この3駅がずば抜けて高く、他の駅とは15000円ほど差があります。
逆に安い駅は、八丁堀、人形町、小伝馬町、秋葉原です。
これらの駅間ではほとんど差はありません。
以上のように築地を中間として完全に2極化しているという、
非常に珍しいエリアのようです。
このエリアの特徴的なパラメータは、
アパートとマンションの家賃差が比較的大きいことです。
これはおそらく、古いアパートが意外と残っているにもかかわらず、
それらに対するニーズが小さく、空室が多くなっているためだと思われます。

北エリア(秋葉原〜北千住)

秋葉原とおり、上野の近くを通り過ぎたあたりから
一挙にまた住宅街の雰囲気に変わります。
このあたりは都心へのアクセスが非常に良い地域である割には、
家賃相場が比較的安いエリアです。
秋葉原でJR山手線JR京浜東北線、JR総武線、つくばエクスプレス、都営新宿線と、
仲御徒町で東京メトロ銀座線都営大江戸線JR山手線JR京浜東北線と、
上野で、東京メトロ銀座線、東北新幹線、JR山手線JR京浜東北線、JR高崎線、JR常磐線、京成本線と、
三ノ輪で、都電荒川線と、
南千住で常磐線、つくばエクスプレスと、
北千住で東武伊勢崎線、東京メトロ千代田線
JR常磐線、つくばエクスプレスと連絡します。
このエリアで家賃相場が最も高い駅は、秋葉原です。
そのあとは秋葉原から離れるにしたがってだんだん下がる傾向にあります。
三ノ輪まではひと駅あたり約5000円程度下がります。
それ以降は、ひと駅あたり1000〜2000円程度下がります。
非常に単調に下がっており、都心までの距離がダイレクトに
影響していることがわかります。
このエリアの家賃相場の特徴は、
アパートとマンションの家賃差が小さいことです。
東エリアでは比較的大きかったのですが、
こちらでは比較的小さくなっています。
これは他の「古いアパート物件が人気のエリア」で
見られるレベルですので、非常に小さいといえます。
原因を知るには詳細な調査が必要ですが、
考えられる原因は、木造一戸建の多い地域で、アパートでも
それほど見た目にそん色ないという原因です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする